就職・転職・退職

設備管理(ビルメン)への就職・転職方法を経験者が教えます!

ビル管理や設備管理(以下、ビルメンと書きます)へ転職したいという方が増えてきました。

今後の社会は間違いなく「AI」による自動化が行われ、働ける職が減ってしまうことが懸念されています。

そんな中でもビルメンは、電気設備や空調設備を自動制御する装置などの管理を行います。

もし設備がAI制御となっても、設備の劣化修繕や故障の修理まではできません。

AIが故障診断して、ビルメンが保全・修理等をするという流れです。

つまり、職は無くならない職業となっているため人気があります。

また、「暇そう」という方もいらっしゃいます。

実際には暇な会社もありますが、暇でない会社もありますので、そちらも解説させていただきます。

この記事では私が「半導体の設計・開発」から「ビルメン」へ転職した経験をもとに、どのようにすれば転職できるのかをご紹介させていただきます。

設備管理員(ビルメン)ってどんな仕事してるの?

ビルメンの仕事内容については、↓こちらの記事で開設させていただきましたので、ご確認いただければ幸いです。

ビル設備管理・施設管理・ビルメンテナンスってどんな仕事内容なの?設備管理員(ビルメン)の仕事内容って、どんなことするのか知ってますか?この記事では、ビルメンの仕事内容の概要や必要な資格について解説しています。ビルメンの基礎知識は、この記事を見ればある程度理解できます。...

設備管理(ビルメン)会社の種類

ビルメン業界は主に3種類に分別されます。

  • 独立系
  • 系列系
  • 自社系(特殊系)

独立系 設備管理(ビルメン)会社

独立系のビル管理会社は、基本的に親会社や自社の資産物件が少ないため、入札物件を管理することが多いです。

主に大手企業が利益を見込めないため、諦めた物件の管理です。

または、大手企業が入札した物件の請負業務です。

私は独立系の経験がないので詳しくは分かりませんが、友人が独立系のビルメン会社に勤めているので話を聞いてみました。

独立系のビルメン会社は利益が少ないため、社員の給料も福利厚生も良くないです。

年収も300~400万くらい。

常駐系の仕事がほとんどで、仕事量も少なく、定時で帰社することがほとんどだそうです。

系列系 設備管理(ビルメン)会社

系列系のビル管理会社は、基本的に親会社の所有するビルや、施設の管理を行います。

親会社の物件を管理するわけなので、無茶ぶりが多く、制限も多いです。

責任も問われるので激務になること間違いなしです。

各物件の常駐は協力会社(主に独立系ビルメン会社)へ任せ、一人で数十件を担当し管理することが大半です。

書類管理が多く、いわゆる巡回型ビルメンと言われる職種が大半です。

福利厚生はしっかりしており、給料は基本独立系に比べると上がりますが、業務量を考えると理にかなわない額です。

一般社員で400~800万、管理職で600~1,000万くらいです。

スマホを見たり、ネットサーフィンしたりする暇もないです。※物件と時期によります

ちなみに系列系ビルメンにも種類があります。

  • 商業会社系列
  • 保険会社系列
  • 鉄道会社系列
  • 不動産会社系列
  • 警備会社系列

商業会社系列 設備管理(ビルメン)会社

主に「有名スーパー」や「百貨店」の系列子会社になります。

主に商業施設の管理となり、かなり激務になります。

また、あまりいい噂は聞かないので、待遇もよくないと思われます。

待遇面は独立系に近い系列系 ビルメン会社になります。

保険会社系列設備管理(ビルメン)会社

この系列がビルメン会社で一番多い系列になると思われます。

保険会社は資産運用で、ビルを建設し、テナント料などを徴収しています。

そのためビルの数も多く、子会社で管理することが多いです。

オフィスビルの管理がほとんどのため、物件にもよりますが、基本的に業務は楽な部類に入ります。

福利厚生も親会社と同じことが多いため、人気がある系列系です。

鉄道会社系列 設備管理(ビルメン)会社

駅近のビルやホテル、駅地下デパートなどの管理が多いです。

多くの人が出入りする設備を管理するのはとても大変です。

系列系ビルメン会社の中でも断トツで激務になる可能性があります。

しかしビルメン企業の中でも、福利厚生や給料はトップクラスの待遇を誇ります。

不動産会社系列 設備管理(ビルメン)会社

不動産会社系列は主に「財閥系」の親会社が多いです。

財閥系の会社は様々な業種を行っていますので、いろいろな施設へ行かされることが多いです。

オフィスビルはもちろんのこと、病院、商業施設、ホテル、研究施設などです。

親会社や系列会社との格差を見ると、絶望感に襲われることもしばしば。

古い企業体質で大体が年功序列で年齢が上がるにつれて給料も上がります。

上司の言ったことは絶対で、企業や部署によってはサービス残業も多いと聞きます。

いわゆるブラック企業的な会社も多いので注意が必要です。

待遇面は鉄道系とならんでトップクラスです。

警備会社系列 設備管理(ビルメン)会社

主に防災系の設備に力を入れています。

つまりスポット契約を結んでいる物件が多く、巡回型ビルメンが多く所属しています。

一つ一つの契約料金も安いため、一人で地区(○○市、○○区など)を任されることもしばしば。

ほとんどが協力会社に任せることができますが、クレームや相談、お得意様?の点検などが入ると現場まで行き、終わったら帰社して事務作業なんてことばかりです。

残業も多く、サービス残業している人もチラホラいます。

給料も警備会社の系列ですので基本安いです。

しかし、管理職になると一気に給料も上がりますので、下っ端時代は我慢です。

自社系(特殊系) 設備管理(ビルメン)会社

主に常駐ビル物件が契約解除になった際に、ビルのオーナーからの引き抜きによるものです。

その管理物件がとても暇な物件だった場合、最高の結果が待っています。

給料も倍近く上がることも少なくないです。

オーナーもビル管理会社に払っていた金を、自社の社員への給料として渡す方が安いですからね。

このタイプのビルメンになるには、オーナーとの信頼関係が築かれていないといけません。

コミュニケーション能力があればチャンスはあります。

【転職】設備管理員(ビルメン)になれる人材

どんな経験をしてきてで、どんな知識を持っている人をビルメン会社が雇いたいかという話ですが、正直どなたでもなることができます

独立系の会社はとにかく人材優先なことが多いので、無資格でも転職可能な場合が多いです。

しかし、系列系ビルメンはある程度の資格を所有していないと転職は難しいでしょう。

基本的にビルメン4点セットは欲しいところです。

ビルメン4点セットについては、↓こちらの記事で解説していますので、お時間あるときにでもご覧いただければうれしいです。

ビルメン4点セットとは?取得のすすめ「難易度や取得のおすすめ順も教えます」ビルメン4点セットをご存知ですか?この記事では、ビルメン4点セットの勉強方法やおすすめの取得順番について解説しています。やり方を間違えなければ、ビルメン4点セットは誰でも取得可能です。...

 

最低でも「第二種電気工事士」は取得ておくことが望ましいです。

第二種電気工事士については、こちら↓の記事で解説させていただきましたので、お時間あるときにでもご確認ください。

電気工事士を取得しよう!勉強方法とおすすめ参考書│実技試験練習であまり知られてない情報も教えます電気工事士の資格勉強や参考書選びに悩んでいませんか?この記事では、電気工事士取得に関する勉強方法やおすすめ参考書の紹介、電気工事士の概要について解説しています。電気工事士は、勉強方法と参考書選びさえ間違えなければ、合格は簡単にできます。...

 

警備系列のビルメン会社は「消防設備士」を重視している会社もあります。

消防設備士は持っておいて損はない資格なので取得をおすすめします。

消防設備士については、こちら↓の記事で解説させていただきましたので、お時間あるときにでもご確認ください。

消防設備士を取得しよう!勉強方法と資格の必要性消防設備士資格の種類や、類別該当している消防設備を理解していますか?消防設備士資格は沢山の種類があり、設備ごとに資格が必要となります。甲種・乙種でも変わってきます。この記事では消防設備士全体の概要について解説しています。消防設備士について理解し、資格取得を目指しましょう。...

 

30歳を超えるとビルメン三種の神器最低一つ欲しいところです。

ビルメン三種の神器については、こちら↓の記事で解説させていただきましたので、お時間あるときにでもご確認ください。

ビルメン三種の神器とは?取得のすすめ「難易度や取得のおすすめ順も教えます」ビルメン三種の神器をご存知ですか?電気主任技術者(電験)、エネルギー管理士(エネ管)、建築物衛生環境技術者(ビル管)の3資格のことをいいます。この記事では、ビルメン三種の神器についての概要や勉強方法、取得順について解説しています。取得すればビルメンとして食べることには困りません。...

 

「第一種冷凍機械責任者」の資格もあると、知識があると判断されて転職には有利です。

第一種冷凍機械責任者については、こちら↓の記事で解説させていただきましたので、お時間あるときにでもご確認ください。

第一種冷凍機械責任者を取得しよう!勉強方法とおすすめ参考書第1種冷凍機械責任者の勉強にお困りですか?この記事では、高圧ガス保安責任者(冷凍)の管理人が、第1種冷凍機械責任者の勉強方法やおすすめの参考書について詳しく解説しています。効率よく勉強して第1種冷凍機械責任者を取得しましょう。...

 

独立系で経験を積んで、系列系へ転職とステップアップする方も多いです。

しかし系列系は、独立系と違い激務になり退職されるかたも多いのが現状です。

【新卒】【第二新卒】設備管理員(ビルメン)になれる人材

新卒や第二新卒の採用は大体の企業が毎年募集しています。

資格を所有している方や、実務経歴で資格取得可能な方が有利となりますが、最終的に内面をみて採用しています。

そこは他の企業と変わりありませんので、通常どおりしっかりとした対策をしていただければ問題ありません。

設備管理(ビルメン)会社への転職方法

ビルメン会社へ転職するには、基本的に4パターンの方法があります。

  • 転職サイトへ登録する
  • 転職コンサルタントサイトへ登録する
  • 会社のHPから応募する
  • 知人からの紹介してもらう

私は手あたりしだいに転職サイトと、転職コンサルタントサイト複数登録を行いました。

知人のビルメン会社(保険会社系列)が募集してなかったからですが・・・

複数登録し、最終的に気に入ったところを2~3サイトへ絞り込みを行いました。

転職サイトへ登録する

転職サイトへ登録し、掲示板などから自分で企業を探し、気に入ったところへ応募します。

仲介手数料も安いため採用しやすいようです。(採用課談)

有名企業サイトの場合、競争率も激しいです。

以下のサイトへの登録がおすすめです(最初から最後まで全て無料でできます)

パーソルキャリア株式会社【MIIDAS(ミイダス)】

◆サービスの特長

●職務経歴書など経験スキル情報は、ほとんどが選択式
基本的な学校名や企業名は記入して頂くものの、ほとんどが選択式で選べて、ユーザー負担が全くなく登録が可能です。

●転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)をすべて公開。
どんな人が、どんな仕事に転職できたかがわかる。

●職種別、年齢別、学歴別の転職ビフォー・アフターをすべて公開。
自分が興味のある仕事に、どんなキャリアの人材が転職できているのか知ることができます。 

【ミイダス】の詳細はこちら

転職コンサルタントサイトへ登録する

転職人材紹介サイトへ登録し、コンサルタントと電話や対面で面談し、自分の希望する企業を紹介してもらいます。

仲介手数料が高い分、採用者は慎重に審査するた採用率は低いそうです。(採用課談)

しかし、内定が決まると辞めさせたくない為か、条件等が良く、入社後の対応も良いす。(採用課談)

有名どころのサイトですと、一人のコンサルタントが何十人も担当しており、個人への対応があまりよくありません。

業界専門のコンサルタントや、年齢層などの的を絞っているサイトなどがおすすめです。

以下のサイトへの登録がおすすめです(最初から最後まで全て無料でできます)

コンサルタント会社の場合、転職後も連絡をくれたりするので、不安なことがあればいつでも相談可能です。

株式会社廣済堂ビジネスサポート【廣済堂キャリアリサーチ】

廣済堂キャリアリサーチ 廣済堂キャリアサーチは、業界トップクラスの求人数を誇る、建築・不動産業界専門の人材紹介サービスです。

◆サービスの特長
●就労環境を重視してご紹介
不動産業界は、土日祝も出勤し拘束時間が長い会社も多く、それが不満で会社に定着しない方も多いため、しっかり休めて環境の良い会社を厳選してご紹介しています。

●不動産テック企業などの案件も充実
不動産業界と聞くと、泥臭く営業するイメージがあるかもしれませんが、近年は不動産に「IoT」を活用した会社なども増えてきているため、これまでの不動産業界経験を活かして、新しい分野に挑戦することもできます。

●手厚いサポート
・各企業にあわせたレジュメ指導
・1次、2次、最終面接など段階ごとにおこなう面接対策
・担当コンサルタントによる面接同行
など、一般的に大手人材紹介会社ではおこなわない総合的な手厚いサポートを実施しています。

●高い採用成功率
各企業担当とコンサルタントは、同じ者が担当するようにしているため、適正を十分に理解した上で上記のサポートをおこなうことが可能です。
そのため結果的に、採用に至る確率が高まります。

【廣済堂キャリアサーチ】の詳細はこちら

株式会社ネオキャリア【第二新卒エージェントneo】

◆サービスの特長

●1人あたり平均10時間の手厚いサポート。
●企業担当による面談対策。
●幅広い求人のご紹介。
●内定後はもちろん、入社後もサポート。
ブラック企業を除外優良企業のみのご紹介で安心して就活。
● 不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!
● スタッフは全員第二新卒。
●豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介。
●履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行います。

【公式】第二新卒エージェントneo

株式会社DYM【DYM就職】

◆サービスの特長
●既卒・第二新卒向けの就職サービス。
●100%正社員求人・書類選考スキップで最短1週間で入社も!
●フリーターでもOK!

【DYM就職】の詳細はこちら

パーソルキャリア株式会社【DODA】

 ■サービスの特徴
1)希望にあった求人のご紹介
DODAが取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。
自分では見つけられなかった求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。

2)転職のプロたちによる「転職活動サポート」
転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートいたします。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施することもあります。
分からないことを転職のプロに相談できるため、転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。

【DODA】の詳細はこちら

株式会社ワークポート【未経験の転職ナビ】

未経験の転職ナビ
■ワークポートグループの強み
・常時15,000件の求人案件を保有
・非公開求人案件情報が豊富
・各業界の転職のエキスパートによる専門性の高いサポート

ワークポートグループの転職支援サービスは完全無料!
60秒でご登録完了!

情報の提供、書類の添削、面接対策、年収交渉、円満退職まで、【転職の超プロ集団】が完全サポート。
ワークポートグループの転職コンシェルジュは、業界ごとの転職に精通した専門家ばかりです。

【未経験の転職ナビ】の詳細はこちら

株式会社ジェイック【就職カレッジ】

JAIC(ジェイック)◆サービスの特長
20代専門の就職支援『無料就職講座×面接会』
・就職成功率80.3%
・正社員支援実績12,174名
・未経験OK
・書類選考無し
・全て正社員求人
・100%取材した求人
・契約企業50,000社超え
・面接会があり経営層と直接面談
・マスコミ掲載:300回超え
・関東・東海・関西エリアで展開
・就職後の定着率94.3%
・高卒、大学中退者の就職支援にも強い!
・学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる
・優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!

【就職カレッジ】の詳細はこちら

ブラッシュアップ・ジャパン【20代の転職相談所】



◆サービスの特長
・5,000件以上の正社員限定求人
・第二新卒専門のキャリアコーディネーターが 求職者とカウンセリングし一人一人に合った企業をご紹介
・転職成功へと強力にバックアップ

20代の初めての転職は、
「20代の転職相談所」でまずは相談

会社のHPから応募する

どうしても入りたい会社がある場合、その会社のHPの募集ページから申し込みを行います。

採用率は仲介手数料等が無い分、採用しやすいみたいです。(採用課談)

この採用はなぜか離職率も高いみたいです。(採用課談)

知人からの紹介してもらう

行きたい会社に友人がいる場合、人事へ紹介してもらう方法です。

紹介した社員にマージンが少々入るくらいなので、手数料も安採用確率は高いです。(採用課談)

設備管理(ビルメン)会社への就職方法

基本的に転職方法と同じです。

  • 学校紹介から応募する
  • 就職サイトへ登録する
  • 就職エージェントへ登録する
  • 会社のHPから応募する
  • 知人からの紹介してもらう

ちなみに学校からの紹介が一番内定率が高いです。

学校紹介から応募する

就活時期になると、各学校へ会社の採用担当者が応募依頼の提案をしに行きます。

学校のロビーや就職支援課などに掲示されていると思います。

学校によって応募方法や条件が異なるので担当の職員へ相談してみましょう。

ただし、すぐに推薦状持ってきてという会社は信用できないので、あまりオススメはしません。

早く内定が欲しいのは分かりますが、推薦状なしで内定がもらえるように努力することをオススメします。

就職サイトへ登録する

就職サイトへ登録し、掲示板から自分で企業を探し、気に入ったところへ応募します。

仲介手数料も安いため採用しやすいようです。(採用課談)

色々な就活サイトがありますがの以下のサイトへの登録も参考になりおすすめです(無料でできます)

株式会社DYM【就活ノート】


◆サービスの特長

  • 就活生が感じるリアルな就活情報の提供
  • 1000社を超える企業の通過ES実例
  • 就活の情報が網羅された就活特集記事
  • 先輩がまとめたリアルな選考情報
  • いざという時のための就活の心得・マナー
  • 業界で活躍されている就活のプロが語るコーナー

【公式】就活ノート

株式会社Roots【JobSpring】


 ◆サービスの特長

  • 学生のキャリアに着目した紹介企業や非公開求人が約1000件
  • エージェントが入社後のキャリアプランまで考えて紹介
  • JobSpringでは平均3~4社の紹介となり、学生に合う企業のみを紹介
  •  内定率の高さと早期離職の少なさが強み
  • エージェントのサポートにより、内定獲得の支援を受けることができ、 万一不合格となった場合も不合格理由から他社選考への戦略を一緒に練ってくれます。
  • 内定率は91.7% 、活躍できる企業の紹介をするため早期離職※は0.1%となっています。 ※早期離職とは3年以内に離職することを指します。

※登録後は03-6261-5989より電話があります

【JobSpring】の詳細はこちら

就職コンサルタントサイトへ登録する

就職コンサルタント(人材紹介)サイトへ登録し、コンサルタントと電話や対面で面談し、自分の希望する企業を紹介してもらいます。

仲介手数料が高い分、採用者は慎重に審査するた採用率は低いそうです。(採用課談)

しかし、内定が決まると辞めさせたくない為か、条件等が良く、対応も良いです。(採用課談)

ただし、新卒の場合はコンサルタントで行うより、今後のためにも自分の足で色々な企業を探すことをおすすめします。

会社のHPから応募する

どうしても入りたい会社がある場合、その会社のHPの募集ページから申し込みを行います。

採用率は仲介手数料等が無い分内定率も良いみたいです。(採用課談)

知人からの紹介してもらう

行きたい会社に先輩や友人がいる場合、人事へ紹介してもらう方法です。

紹介した社員にマージンが少々入るくらいなので、手数料も安く採用確率は高いです。(採用課談)

まとめ

こちらの記事では

  • 設備管理員(ビルメン)ってどんな仕事してるの?
  • 設備管理(ビルメン)会社の種類
  • 【転職】設備管理員(ビルメン)になれる人材
  • 【新卒】【第二新卒】設備管理員(ビルメン)になれる人材
  • 設備管理(ビルメン)会社への転職方法
  • 設備管理(ビルメン)会社への就職方法

について書かせていただきました。

ビルメンは一見楽そうな仕事ですが、正直しんどいことも多いです。

安易に転職等すると痛い目を見る可能性もあります。

最高の職場になることも大いにあります。

転職の場合は、とりあえず沢山の人材紹介サービスを活用してみることをオススメします。

この記事でご紹介しているサイト以外にも多くのサイトがあります。

あえてこの記事では有名どころ(リクルートやマイナビなど)は紹介していません。

記事で説明したとおり、対応が適当なことが多いからです。

最終的にどのサービスを使うかは、あなた次第ですので色々悩んで決めるもよし私が紹介しているサイトをとりあえず登録するもよし

無理のないように活動してください。

何回か経験を積むと何が良くて、何が悪いかが分かってきます。

まずは経験しながら転職活動されるのも良いかもしれません。

 

退職についてお悩みがある場合は、退職代行サービスというものがあります。

退職代行サービスについては

で紹介させていただきましたので、退職についてお悩みの方はご確認ください。

退職代行サービスを依頼するメリットとデメリットを解説│各業者ごとのサービスや費用を比較退職代行サービスを知ってますか?「会社を辞めたくても辞めれない」「上司へ退職したいと言えない」「会社にもう行きたくない」など自分から退職を切り出せない人のためにあるのが退職代行サービスです。この記事では、退職代行サービスの業務内容や優良退職代行サービス業者を紹介しています。...

 

すこしでも参考にしていただけたら幸いです。

では、ぶちキリンでした。

Twitter: @buchikirin1もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。