就職・転職・退職

社会保険給付金を利用して手当金を最大28ヶ月受給│退職コンシェルジュ

昨今、年金2,000万円問題や雇用の問題で不安を抱えているサラリーマンが増えてきています。

解雇、失業、病気等により、いつ給料が入ってこなくなってもおかしくない時代です。

しかし、社会保険制度を上手に利用すれば最大28年間は日本の制度により給付金を受給することが可能です。

ただ、制度自体の仕組みがややっこしい等によりほとんどの方は最大でも3ヶ月しか受給することができていません。

この社会保険制度を理解するには時間を要してしまいます。

そこで『退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)』を利用すれば、煩わしい知識は不要です。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)』を利用して、最大28ヶ月の給付金を受給できる体制を整え、解雇、失業、病気等による不安を払しょくしましょう。

この記事では、CREED BANK 株式会社が提供している『社会保険給付金サポート』の内容を紹介させていただきます。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)とは?

社会保険給付サポート

退職後につきまとう金銭的な不安。

本来給付金の対象にも関わらず一人あたり数十万円~数百万円もの金額を受け取り損ねています。

長年支払った保険料を無駄にせずに、退職後の生活を安心して過ごして頂けるようにしたいですよね?

退職後の費用などがご不安な方には『退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)』をオススメしています。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)では、そんな不安を抱えている皆様に給付金の申請サポートを行ってくれます。

失業給付は通常3ヶ月しかもらえませんが、皆平等に20ヶ月以上の給付金をもらえる可能性があります。

3年半で1100名のサポート実績があり、安心して任せることができます。

『知らずに損した!』とならないよう、ご興味をお持ちの方はぜひ下記からお問合せください。

↓   問い合わせ先   ↓
給付金サポート

専任プロと受給手続きでお得で安心!

無料でプロに相談、安心サポート対応でトラブルゼロの実績。

申請の複雑な手順をサポート専任スタッフがご案内いたしますので、ご不明点があってもお気軽にご相談できます。

さらに退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)を利用して、万一受給できなかった場合は全額返金保証もあります。

今まで1000名以上の方が退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)を利用しており、大きなトラブルはありません。

顧客満足度も98%を誇ります。

全国どこでも対応可能なので、まずは無料お問い合わせください。

↓   問い合わせ先   ↓
給付金サポート

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)の対象者

  • 全国で対応可能!
  • 社会保険に1年以上加入している (派遣やパートの方でも社会保険に1年以上加入していれば大丈夫です)(保険証に資格取得年月日が記載されています)
  • 退職日まで2週間以上ある(1週間前でも対応できますが申請が難しくなる場合があります)
  • 転職先が決まっていない

↓   問い合わせ先   ↓
給付金サポート

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)利用のメリット

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)を利用することによるメリットを紹介させていただきます。

最大受給期間はなんと最大28カ月!

一般的に失業後に受け取ることのできる社会保険は3ヶ月と言われております。

しかし、退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)を利用すれば最大28ヶ月の給付金を受給することができます。

総支給額30万円の方の場合、個人で申請した場合の3ヶ月だと54万円受け取ることが可能です。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)を利用すれば28ヶ月477万円の受給の可能性があります。

お客様の状況、退職後の予定を丁寧にヒアリングする調査活動

現況と退職後の予定を調査することにより、最大限の給付金を受け取れます。

そのためには正確な状況を退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)とヒアリングしていく事が重要となります。

金額的な損が発生するリスクはなし(申請が通らなかったら全額返金保証)

99%ありえない話ではありますが、もし申請が通らなかった場合は全額返金保証があるため、金額面でマイナスになることはありません。

0円~となる為、使わないと損です

受給額増額で一人あたりおよそ数十万円~数百万円

失業・退職前の給料(総支給額)などによって給付金の受給額は変わってきますが、数十万円~数百万円を受け取ることが可能です。

退職コンシェルジュを利用すると、利用しない場合と比べて人により異なりますが、平均して数百万円ほど変わってきます。

受給額が約7倍~10倍になる方が多く見受けられます。

申請条件や申請ステップをわかりやすくお伝えする「申請アドバイス」

国の制度は本当に分かりにくく説明されています。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)では、一般人にも分かりやすく説明してくれるので迷うことなく申請をすることができます。

専門的なサポートチームと安心して進捗共有できる「万全サポート」

弁護士社労士税理士といった士業ともつながっており、万全のサポート体制となります。

また、無料で転職先の紹介制度(マイナビと提携)があり、転職できた際は5万円のキャッシュバックがあります。

↓   問い合わせ先   ↓
給付金サポート

コンサルティング内容

会社の悩み

通常 3 ヶ月しかもらえない失業手当を社会保険を利用することによって延長してもらう事ができます!

お客様が今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となり手当金がもらえます。

↓   問い合わせ先   ↓
給付金サポート

手当金支給のスケジュール

給料総支給額の 『65%』が18ヶ月『60%』が3~10ヶ月で、最大28ヶ月給付金が受給できます。

手当受給期間

社会保険給付金の給付までの流れ

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)を利用した場合の、社会保険給付金の給付までの流れを簡単に解説します。

– Step 1 -お問い合わせ(もしくはLINE@)

お問い合わせフォームよりお気軽にご相談可能です。

↓   問い合わせ先   ↓
給付金サポート

– Step 2 -無料通話相談

お問い合わせ後、担当コンシェルジュよりお電話で簡単なヒアリングを実施。

受給条件を満たしていることの確認が取れた場合、改めてゆっくりとお話しできる日時のご面談または通話面談のご予約をします。

– Step 3 -サービス開始

内容に同意していただけた方にはこの時点でお申し込みします。

契約書を交わした上でサービス料金をお支払いいただき、サポートを開始します。

サポートには「chatwork」という機能性に優れたチャットツールを使用いたしますので、担当コンシェルジュより操作方法を丁寧に教えて貰えます。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://go.chatwork.com/ja/"]

– Step 4 -必要書類準備・提出

給付金の申請に必要な書類をご用意いただき、必要書類がすべて揃いましたら所定の機関へ提出していただきます。

必要な書類や記入方法等、複雑な申請もひとつひとつ丁寧にサポートいたしますのでご安心ください。

– Step 5 -審査・受給確定

書類提出後、審査が開始されます。

審査が完了し無事に受給が確定すると、約1~2週間でお客様の指定口座に給付金が振り込まれます。

利用サービス料金

お客様のご状況に応じて変動いたします。

プランも複数ありますので、詳しくはご面談時に担当コンシェルジュよりご案内いたします。

トータルで受け取れる金額の10%~15%程度を目安としてお考えいただければ幸いです。

サポート実例

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)を活用した場合とご自身で制度を申請した場合の違いを紹介します。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)を活用した場合

※総支給額30万円として計算します。

30 万円 ×65%=19.5 万円 ( 社会保険給付金1 ヶ月 で貰える金額 )

19.5 万円 ×18ヶ月 = 351 万円 ( 社会保険の制度で貰える金額)

30 万円 ×60%=18 万円 ( 雇用保険給付金 1 ヶ月で貰える金額 )

18 万円 ×10 ヶ月= 180 万円 ( 雇用保険の制度で貰える金額)※条件によっては雇用保険で10ヶ月受給可能

ご自身で制度を申請した場合

※総支給額30万円として計算します。

30 万円 ×60%=18 万円( 雇用保険給付金 1 ヶ月で貰える金額 )

18 万円 ×3ヶ月= 54 万円(受け取れる金額は1~3ヶ月)

行政機関やハローワークとの違い

  • 社会保険の給付金は、失業手当とは違う
  • 条件や申請方法が複雑なため社労士による申請でないとほぼ受給不可能
  • 退職前に満たす条件と退職後に満たす条件が多くある
  • 毎月の申請のため1回でも申請を間違えれば給付金が止まってしまう
  • 申請される分だけ行政が損をするので、行政からの案内はない
    ※むしろ条件を満たしていないと断られたり、調査されることも多い
  • 会社の担当者が間違えた知識を持っているために申請を断られる(70%くらい)
  • 受給までのステップが多いため個人で申請ができても6ヶ月以上かかることもある
    ※結果として審査が通らないこともある
  • 引っ越し時に給付金が止まることがある

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)以外のサポート会社の場合

全国に多少、給付金サポートサービスがありますが小さなところ(地域密着型がほどんど)です。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)以外のサポート会社の場合

  • マニュアルだけを配布して、質問しないと教えてもらえないことが多い
    ※そもそも質問内容がわからない方が多い
    ※あとからでは取り返しのつかない(受給できなくなる)場合が多い
  • 専用のオフィスがない(レンタルオフィスなど)
  • 弁護士、社労士、医療法人と提携していない
  • 満期受給後のサポートがない

などありますので注意が必要です。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)では、このような注意は必要ありません。

まとめ

この記事では、

  • 退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)とは?
  • コンサルティング内容
  • サポート実例
  • 行政機関やハローワークとの違い
  • 退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)以外のサポート会社の場合

について解説させていただきました。

退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)』を利用すれば対応は全て完璧に行ってくれます!

失業や転職の失敗によるお金の問題は、社会保険にてカバーできます。

嫌な会社に勤め続けてもいいことはまったくありません。

お金のリスクを無くして、次の人生を目指していただけたら幸いです。

自分の将来を考えて、どうすればいいのかを考えれば答えは出てくるはずです。

『受給金額の10~15%』を高いか安いかを決めるのは世間体ではなくあなたです!

嫌な会社から抜け出して、本当にやりたい仕事、自己成長につなげられる仕事をできるようになることを願ってます。

費用が掛かりますが、お勤めの会社で退職の手続きが浮かくいかない場合は『退職代行サービス』を利用するのも一つの手です。

退職代行サービスについては

>>>退職代行サービスを依頼するメリットとデメリットを解説│各業者ごとのサービスや費用を比較

退職代行サービスを依頼するメリットとデメリットを解説│各業者ごとのサービスや費用を比較退職代行サービスを知ってますか?「会社を辞めたくても辞めれない」「上司へ退職したいと言えない」「会社にもう行きたくない」など自分から退職を切り出せない人のためにあるのが退職代行サービスです。この記事では、退職代行サービスの業務内容や優良退職代行サービス業者を紹介しています。...

で紹介させていただいてますので、退職を伝えるのに悩んでいる方はご確認ください。

Q&A

Q.紹介する方の条件を教えてください。

A.大きな条件が2つございます。
社会保険に 1 年以上加入している ・退職日まで 2 週間以上期間がある
他にも条件がいくつかありますが、面談時にヒアリングいたしますので、原則上記 2 つを満たしていればお繋ぎいただいて問題ございません。

Q.紹介したいときはどうしたらいいですか?

A.LINEのトークルームを作っていただけますと幸いです。
代理店様、ご紹介者様、弊社担当営業の3人を入れた LINEのトークルームを作っていただけますと幸いです。
日程調整等は退職コンシェルジュ(社会保険給付金サポート)で行いますのでご安心ください。

Q.定年で退職する場合、この制度を利用できますか?

A.利用は可能ですが、おすすめいたしません。
定年で退職される場合、おそらく年金を受給されるかと思います。
制度の利用は可能ですが、年金を受給されると手当金が相殺されてしまいますのであまりおすすめできません。

Q.扶養に入っても大丈夫でしょうか?

A.条件を満たしていれば、扶養に入ることが可能です。
傷病手当金の 1 ヶ月の支給額が 10万8330円以下であれば扶養に入れることが可能です。他にもいくつか条件がございますので、詳しくお聞きしたい方はご連絡ください。

Q.国民健康保険に切り替えても大丈夫でしょうか?

A.特に問題はございませんのでご安心ください。
退職をして国民健康保険に切り替えたとしても傷病手当は継続して申請することができます。任意継続したとしても同様に申請可能です。

Q.通院時に保険証がない場合はどうしたらいいでしょうか?

A.簡易保険証を作成することができます。
年金事務所にて作成できる「簡易保険証」を通院の際にお持ちいただきますと3割負担で受診できます。
10割負担で受診された場合でも、保険証作成後に病院または役所にてお手続きいただくと 7割が返金されますのでご安心ください。

Q.引越し予定なのですが大丈夫でしょうか?

A.問題ございませんが、事前にご相談ください。
問題ございません。
ただし、お引越しに伴い転院をされる場合は注意が必要ですので、転院を検討される際は必ずご相談ください。

Q.留学を考えているのですがそれでも大丈夫でしょうか?

A.申請することが困難となります。
この手当は月に 1 回~ 2 回の頻度で病院に足を運び申請用紙の記入と提出が必須ですので、留学される場合は申請が難しくなってしまいます。

Q.御社では申請代行を行っているのでしょうか?

A.代行ではなくアドバイスベースでのサポートを行っています。
手続きの代行はせず、アドバイスをベースとしたサポートを行っております。
顧問の社労士がおり、弁護士等その他士業も認めているサービスですのでご安心してください。

Q.サポートの品質に問題はないのですか?

A.高い品質を保っております。
対応ツールやサポート対応人数を確保しており、お問い合わせに対しリアルタイムに対応できる環境を整えております。
また顧問社労士から
定期研修を受けており、常にサポート品質の向上を実現しております。

Q.症状がない場合でも申請はできますか?

A.全く症状がない場合には、申請は難しいです。
初期症状に 1 つでも当てはまらない場合には申請が難しい為、通常の失業手当をおすすめしております。
軽度な症状でも制度の活用は可能ですので、お悩みやご不安等を医師にお伝えの上、ご検討していただければと思います。

Q.うつ病でないと申請できないのですか?

A.うつ病以外でも申請することができます。
うつ病以外でも申請することができます。
精神疾患の範囲は幅広く緩やかで、不眠症や適応障害、抑鬱状態等どんな症状でも活用できます。
「朝起きるのが辛い」「会社に行きたくない」等も精神疾患の初期症状の 1 つです。

Q.申請する際に必要なものはなんですか?

A.医師からの診断書が必要となります。
傷病手当金の申請には医師からの診断書が必要となります。
「会社に相談したところ、診断書の提出が必要だと言われました」などとお伝えいただくとスムーズに申請が進められます。

Q.メンタル面で申請をすると会社にデメリットはありますか。

A.会社側にデメリットはございません。
労災ではなく健康保険の手当のため、業務外の病気や怪我を元に申請ができます。
プライベートを原因とした病気での申請の為、「会社が原因」とはされませんので会社側は特に影響はございません。

Q.給付金は会社から支給されるのですか?

A.給付金は健康保険組合から支給されます。
給付金は健康保険組合から支給されます。
この申請により会社が支払わなければならないものはありません。

Q.会社に負担はありますか?

A.金銭的な負担はありません。
書類のご用意や申請用紙へのご記入をいただくお手続きはございますが、金銭的な負担はありませんのでご安心ください。

Q.健康保険の手当は入院した時しか使えないのですか?

A.入院以外でも使えます。
例えば「風邪を引いて 1 週間休んだ」等の理由でも、この手当の申請をすれば日割りで支給されます。
その他アトピーやヘルニア、不眠症、女性の場合妊娠時のつわりを原因として休んだ時にも手当を利用することが出来ます。

Q.この手当は何度でも受給できますか?

A.基本的に同一の症状だと一度きりの受給となります。
メンタル的な要因で活用した後、再度メンタル的な要因で申請をした場合、二度目は審査が厳しくなるため審査が通らない可能性が高くなります。
何度も簡単に利用できる制度ではないとお考えください。

Q.失業手当は最大何ヶ月間受給できますか?

A.最大12 ヶ月間受給可能です。
失業手当は3ヶ月間の受給が一般的ですが、就職困難者という枠組みの中で、年齢、勤続年数が条件にあてはまると最大で12ヶ月間の受給が可能です。

Q.通院によるデメリットはありますか?

A.生命保険への新規加入がしにくくなります。
全く加入できないというわけではありませんが選択肢は狭まります。
すでに加入されていれば特に問題ありませんが、ここ数年での加入や見直しを検討されている方は受診前にお手続きいただけますと幸いです。

Q.手当は退職日から最短何ヶ月で受給できますか?

A.平均して退職日から 2 ヶ月ですが個人差があるため確約はできません。
一般的には、退職日から起算して約 2 か月後に受給されます。
しかし、会社側の手続きの遅れや保険組合での混雑状況により支給が遅れることもあるため、退職日から 2 ヶ月を超える場合もございます。

Q.受給しながら収入を得るためにはどんな働き方がありますか?

A.内職と言われる仕事の他にも幾つか働き方があります。
受給中でも内職と言われる仕事は許可されています。ご自身で行う投資、不動産収入、物販等のネットビジネスや在宅ワーク等様々な働き方があります。
上記は労働とは見なされないという観点から法の範囲内で認められています。

Q.手当が止まってしまうのはどんな時ですか?

A.雇用保険に加入すると手当が止まってしまいます。
働けない方の療養を目的とした手当ですので、雇用保険に加入すると「働ける状態にある」と判断され支給が止まってしまいます。雇用保険は週 20 時間以上働く場合に加入が義務付けられています。

Q.申請が通らない可能性はありますか?

A.申請が通らない可能性もございます。
提出する書類に不備などが見つかった際は申請が通らない可能性がございます。
また、会社や病院が全く対応してくれない場合はそもそも申請を行うこともできません。
お客様側にも弊社側にも過失がない場合にはもちろん全額返金の対象となります。

Q.病院で処方された薬は受け取る必要はありますか?

A.薬を受け取らないと手当が打ち切られてしまいます。
病院に行っていない場合や薬を受け取っていない場合には保険組合より「治療の意思がない」と見なされ、手当が打ち切られてしまいます。
薬と併せて領収書のお受け取りも忘れずに行ってください。

Q.クーリングオフの事例を教えてください。

A.事例をいくつか挙げさせていただきます。

  • 退職後すぐに転職することになった
  • 家族に理解されなかった
  • 退職が延期になった
  • 退職自体がなくなった
  • 金銭的に厳しくなった

などといった理由が挙げられます。

Q.サポート費用を差し引いてどのくらいプラスになりますか?

A.年収300万の方ですと約370万円がプラスとなります。
給与により異なりますが、年収300万円 ( ボーナス / 交通費除く ) の方ですと、傷病手当 18 ヶ月間で約 290 万円、失業手当 10 ヶ月間で約 150 万円、そこからサポート料や通院費を引くと手残りが約 370 万円となります。

Q.サポート費用は何故先払いなのですか?

A.過去に成果報酬を導入していて、こんなことがありました。
過去に成功報酬も行っていましたが、受給出来ていても支払わない方がいた為先払いとさせていただきました。
代理店様にしっかりとご紹介料を支払いしていくためにも「全額一括」もしくは「頭金+分割」を採用しております。

Q.頭金の支払いも厳しい場合はどうしたらいいでしょうか?

A.様々な方法がございます。
退職日まで日数があれば、カードを作成される方や日払いのアルバイトで工面される方が多いです。
リターンが明確なので、身内の方に借りてご用意される方もいらっしゃいます。

Q.退職コンシェルジュの営業時間を教えてください。

A.平日 9:00~19:00 で対応しております。
退職コンシェルジュは平日 9:00~19:00 まで営業しております。
代理店様の質問やお問い合わせも受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。

社会保険給付金とは?

社会保険制度はいくつかの定義がありますが、一般的には、国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度の総称です。

具体的には、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険などから構成されます。

健康保険

健康保険とは、ケガや病気、出産、死亡への保障をする医療保険の1つで、会社勤めの人が加入するものです。

日本は国民皆保険制度を採用しており、全ての国民が医療保険に加入しています。

ケガや病気などの事態が生じた場合に、治療費やその他の費用の一部を国・自治体が負担してくれます。

また、治療費などで一定金額を超えた部分は、高額療養費として払い戻しを受けられる制度もあります。

このような制度のおかげで、経済的に困窮している国民であっても平等に医療サービスを受けることができるのです。

厚生年金保険

厚生年金保険とは、会社勤めの人が加入する公的年金です。

老後の生活や死亡に備えるための保障制度で、積み立てた金額に応じた年金を老後に受け取ることができます。

また病気やケガで障害が残った場合には障害年金、加入者本人が死亡した時には遺族に対して遺族年金などが支給されます。

なお、自営業者・短時間労働者・無職の人などは「国民年金」に加入します。

雇用保険

雇用保険とは、労働者の安定した雇用や就業の促進を目的とする保険制度です。

代表的な給付として、失業した際に一定期間受け取ることができる「求職者給付」(いわゆる失業保険)が挙げられます。

そのほか、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受講し終了した場合に支給される「教育訓練給付」、育児や介護で休業する場合に支給される「育児休業給付」「介護休業給付」なども労働者向けの給付です。

また、雇用主向けの給付として、契約社員の正社員化やパート従業員への職業訓練の実施などを助成する「キャリアアップ助成金」、未経験者を試行的に雇い入れるための「トライアル雇用奨励金」などもあります。

労災保険(労働者災害補償保険)

労災保険とは、仕事中や通勤中に起きた事故や災害が原因とされる病気・ケガ・障害・死亡などに対して保障を行う保険制度です。

保険給付の受給方法は、条件により一時金形式と年金形式があります。

また保険給付以外にも、災害にあった労働者本人の社会復帰の支援や、災害によって亡くなった労働者の遺族への援助も行われています。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。
こちらの記事もおすすめ!
就職・転職・退職

傷病手当金と失業保険について│最大2年6ヶ月うつ病やケガした場合は国から手当金がもらえます!

2019年5月12日
ビルメンダイバーぶちキリンの部屋
傷病手当、失業保険という制度が日本にあるのをご存知でしょうか? 傷病手当金とは、『病気』や『ケガ』で働けなくなってしまった人が、生活に …