就職・転職・退職

年収を上げたいサラリーマンは転職サイトに複数登録しよう

年収を今の勤め先で上げようと考えていませんか?

ビル管理(ビルメン)業界の給料は低賃金です。

他にも低賃金業界は多々存在します。

管理人の職種であるビル管理員(ビルメン)の平均年収を見ても約350万前後となっています。

せめて30歳以上であれば500万円くらい欲しくありませんか??

この記事では低賃金業界で働いている方が年収を上げるために必要な行動を紹介し、そのためのオススメ転職サイトを紹介させていただきます。

管理人もこの方法年収200万円アップを実現できました。

年収を上げたいサラリーマンは転職サイトに複数登録するべき

基本、低年収業界で皆さんが今の勤め先で年収を上げていく事は難しいです!

上司がいる方は、是非上司の方に年収を聞いてみてください。

もちろん役職が付けば年収は高くなることは確実ですが、その上司と同じ年収、それより多い年収に早くなりたいと思いませんか??

低年収業界で手っ取り早く年収を上げる方法は転職しかありません!!

年収を上げたい人は転職サイトに複数登録することをオススメします。

転職サイトはサイトとエージェントどっちがオススメ?

年収を上げたいのであれば転職エージェントに登録することをオススメします。

やはり年収が高い企業はお金を持っています。

サイトに登録して集客採用するのと、エージェントを通して採用するのではエージェント経由の方が報酬は高いです。

つまり高い報酬払って採用できるだけの資金力がある企業となるため、年収も高くなる傾向です。

是非、転職エージェントに複数登録してみてください。

転職エージェントを複数登録するのはなぜか?

転職エージェントはエージェントとの相性がとにかく重要になります。

こちらの希望を汲み取って進めてくれる人、希望には沿わないが強みを引き出して進めてくれる人、自分が気付かない方向へ導いてくれる人、とにかく年収の高い企業を進めてくれる人、とりあえず転職してもらおうとする人、無関心な人(笑)など様々です。

登録したら各サイトごとに専属のエージェントと30分前後で面談します。

現在では大体オンラインを使った面談や電話で面談を行うことがほとんどです。

そこで、自分が考えていることや、やりたいこと等を色々エージェントと会話して、今後の方針を決めていく事になります。

沢山面談していると、様々な方面から自分を見つめ直すことができます。

転職エージェントをオススメする理由『メリット・デメリット』

上記でも書きましたが、年収が高い企業はお金を持っています。

サイトに登録して集客採用するのと、エージェントを通して採用するのではエージェント経由の方が報酬は高いです。

つまり高い報酬払って採用できるだけの資金力がある企業となるため、年収も高くなる傾向です。

他にも様々なメリットがあります。

そしてもちろんデメリットもありますが、メリットの方が圧倒的にあります。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは、何といっても自分の能力に合った企業を紹介してくれることにあります。

サイト経由だといちいち自分で探して断捨離していきますが、その手間が格段に減ります。

また、

  • 企業との面接日時調整
  • 給料(年収)交渉
  • 面接アドバイス
  • 職務経歴書や履歴書の添削
  • 現職の退職アドバイス  など

他にもたくさんありますが、転職・退職に係ることのサポートを徹底的にやってくれます

複数のエージェントに登録すれば、違った目線でのアドバイスもあるので、職務経歴書や履歴書等のブラシュアップもできます。

管理人の時は転職先が決まった際には、会社の経費を使ってお祝いで打上げしてくれたりしました。※退職前の会社情報も少々聞き出されましたが(笑)

転職エージェントを利用するデメリット

中には転職させたいがために、年収が下がる企業やブラック企業を紹介して転職させようとするエージェントもいます。

エージェントも営業職でノルマやキックバック等を達成させるために、自分に合わない・希望しない企業を紹介して入社させようとしてきます。

複数のエージェントに登録すれば、だいたい同じ企業を紹介してくれるので、全体と違う種類の企業を紹介してきていたら要注意です!!

絶対に登録をするべきオススメ転職エージェント

まずは大手の転職エージェントサイトに登録することをオススメします。

この5社はエージェントの中でも有名なエージェントになります。

提携している企業も多いので、様々な企業を紹介していただけました。

この5社は絶対に登録しましょう。

管理人はもちろんすべて登録して、自分自身の転職市場価値を確認できましたので満足度は高かったです。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは賛否が分かれており、

  • 全く案件を紹介してくれなかった
  • 画一的なサポートでドライだった

と言われる一方

  • 最高の条件で転職できた
  • サポートが他社と比べて圧倒的に手厚かった

などポジティブな意見も多く見られます。

実際にどうかと言うと、市場価値の高い応募者には最高の転職エージェントです。

逆をいえば転職市場価値が弱い応募者はドライに対応されてしまう傾向はあるようです。

転職市場価値が高い方はJACリクルートメントに相談すると他社よりもはるか力を入れて対応をしてくれるので登録するべきです。

まずは面談を通して自分の価値を教えてもらいましょう。

doda

dodaは求人数や実績において、国内トップクラスを誇る、大手転職エージェントのひとつです。

なかでもIT、通信、営業、企画系の求人が多く、かつ「豊富な転職支援ツール」「転職希望者へのスピーディな対応」そして「全国展開の転職支援」といった特徴があり、はじめての転職活動で不安な方も、精力的に転職活動をされる方も、まずは登録しておきたい転職サービスと言えるでしょう。

通常の転職サービスは、「転職サイト」か「転職エージェント」、どちらかの要素で成り立っているものが多いのですが、dodaではこれら2つの要素をセットでサポートを行っているため、求人情報の比較検討から面接準備、その後の年収交渉など、転職活動のトータルサポートを実現しています。

また、dodaのみに求人を出している企業も多くあり、「より多くの求人情報を確認しながら、手厚いサポートも受けていきたい」という方にもおすすめの転職サービスです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している、16,000社以上と取引実績のある信頼できる優秀な転職エージェントです。

実際に、転職エージェントの評判に関するアンケートでも、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。

求人数では、業界最大手のマイナビエージェントやDODAには劣るものの、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職で不安がある方には特におすすめです。

リクルートエージェント

転職活動の際、心強いサポートを提供してくれる転職エージェントサービス。

なかでもリクルートエージェントは、求人数・転職支援実績で日本トップ、知名度の高さもナンバー1を誇る業界最大手のエージェントです。

「リクルートエージェントの評判は?」「そもそも他エージェントと比較して何が違うの?」など、気になる方も多いのではないでしょうか。

リクルートエージェントは利用者数も業界最多のため、良い評判はもちろん自然と悪い評判も多くなりますが、それらの評判を事前に知っておくことでより効果的なエージェント活用ができるはずです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒の就職で圧倒的な知名度を誇るマイナビが運営する、今とても勢いのある転職エージェントです。

口コミでは悪い評判が少なく、良い意味でも悪い意味でも、バランスの良い無難な転職エージェントです。

担当者によってサービスに差があるとは言われますが、第二新卒案件からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの指示を集めています。

業界やポジションに関わらず、転職活動をする際には必ず利用するべきエージェントです。


絶対に登録すべき【ハイクラス】エージェントサイト

転職市場は現在の年収が、今後の転職に影響を与える場合があります。

今から紹介する2サイトは登録できたら登録したほうがいいサイトです。

というのも、登録に制限があるサイトもあります。

また、紹介してくれるエージェントもハイクラス(年収600万円以上)の求人が多いため、低収入だとエージェントも紹介しずらい為、ある程度のキャリアか年収を要求されます。

登録をオススメするハイクラスエージェントサイトは以下の2サイトです。

  • ビズリーチ
  • CAREER CARVER(キャリアカバー)

この2サイトに登録できれば年収アップ、キャリアアップは間違いないと言っても過言ではありません。

この2社は登録後に情報を登録した後に、【優秀な】転職エージェントからのオファーを待つ形になります。

さまざまな転職エージェント会社からオファーが来ますので、自分のタイプに合ったエージェントを選んで返信しましょう。

また、この2サイトでプラチナオファーが来たら必ず連絡を取るようにしましょう。

ビズリーチ

ビズリーチは、「キャリアアップ」「更なる、新しいチャレンジ」を目指すハイクラス向け転職サービスです。

ビズリーチに登録すると、企業やヘッドハンターから直接オファーを受けることができます。

登録者が求人を検索して自分で応募するタイプの転職サイトとは異なり、ヘッドハンターや企業からのヘッドハンティングを受ける仕組みに特化しています。

ハイクラス向けの転職サービスであることから、扱う求人は「年収500万円以上」のものがメインとなります。

つまりビズリーチは、現在も一定以上の高収入を得ている人が、さらに好待遇を目指したハイレベルなステップアップを目指すための仕組みになっているのです。

「管理職」や「役員」といったポジションでの募集や、大企業、海外勤務などの希少案件への紹介も、ビズリーチなら可能です。

また、世の中に知られていない非公開求人を独自に取りそろえているため、ビズリーチ経由でしか応募できないレア求人を紹介してもらえる可能性もあります。

このように、ビズリーチは登録者に一定以上のレベルを求める転職サービスとなっています。

自身のキャリアや経験に自信があり、さらに高みを目指したい人にとっては活用する価値のあるサービスと言えるでしょう。

CAREER CARVER(キャリアカバー)

キャリアカーバーは、リクルートキャリアが運営する「ハイクラス・エグゼクティブ」向け転職サービスです。

「求人を探して応募する」という流れを取る通常の転職サイトと異なり、キャリアカーバーは、転職者が「匿名のレジュメを公開し、ヘッドハンターからのスカウトを待つ」という流れを取ります

キャリアカーバーに登録すると、ヘッドハンター(コンサルタント)から連絡を受け、面談をします。

その際にあなたのこれまでのスキルや経験、転職の目的、転職先に対する希望、条件などを話し、それらをレジュメにまとめていき、匿名で公開します。

そして、そのレジュメに興味を持った企業が現れると、ヘッドハンター経由でスカウトが届き、選考がスタートする──という流れです。

多くの転職エージェントサービスと異なるのは、コンサルタントによる「面接対策」や「履歴書添削」などのサポートがないこと。

しかしその分、自身の転職活動への時間を増やすことができるなどのメリットもあります。

もちろん、転職者と企業の「仲介」として、転職先に関しての相談や入社後のサポートを受けることも可能です。

まとめ

この記事では

  • 年収を上げたいサラリーマンは転職サイトに複数登録するべき
  • 転職サイトはサイトとエージェントどっちがオススメ?
  • 絶対に登録をするべきオススメ転職エージェント
  • 絶対に登録すべき【ハイクラス】エージェントサイト

について書かせていただきました。

今の会社で年収をあげるよりも転職したほうが、すぐにお金は増えていきます。

年収を上げたいなら転職エージェントに登録しておきましょう。

今転職したいわけでなくても、自分自身の市場価値を確認する為に登録してみてください。

  • JACリクルートメント
  • doda
  • パソナキャリア
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • ビズリーチ
  • CAREER CARVER(キャリアカバー)

は登録することをオススメします。

お金に困らない企業へ就職して自分自身の価値を高めましょう!!

 

このサイトでは転職や退職についての記事も複数紹介しています。

興味がありましたらぜひ↓下記のリンク先ものぞいてみてください。

>>>転職方法と退職方法│転職サイトおよび退職代行サービス業者紹介

転職方法と退職方法│転職サイトおよび退職代行サービス業者紹介転職と退職について、傷病手当金と失業保険などの国の制度についてについてまとめました。 転職 年収を上げたいサラリーマンは転職...

 

一人でも多くの方の参考になれば幸いです。

では、ぶちキリンでした。

 

私のプロフィールは、↓こちらに記載していますので興味がありましたらご確認ください。

>>>メッセージ&プロフィール ブログを始めた理由と保有資格

メッセージ&プロフィール ブログを始めた理由と保有資格こんにちは。サイト管理人のぶちキリンと申します。 こちらのサイトでは ビルメン(ビル管理・施設管理・設備管理) ...

Twitter: @buchikirin1もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。
こちらの記事もおすすめ!
就職・転職・退職

傷病手当金と失業保険について│最大2年6ヶ月うつ病やケガした場合は国から手当金がもらえます!

2019年5月12日
ビルメンダイバーぶちキリンの部屋
傷病手当、失業保険という制度が日本にあるのをご存知でしょうか? 傷病手当金とは、『病気』や『ケガ』で働けなくなってしまった人が、生活に …