ダイビングスタイル

かなづちはスキューバーダイビングできないの?泳げなくてもダイビングはできます!

スキューバーダイビングやりたいし、興味あるけど泳げないし無理!

海にあまり行ったことがないから泳げるか不安・・・

このような理由で、スキューバーダイビングするを諦めてる方が多いと聞きます。

さすがに「水に顔を付けられない」「水が怖い」となると難しいですが、そうゆう方はまずスキューバーダイビングをやりたいとか、興味を持つことはないと思います。

高所恐怖症の方が「バンジージャンプ」や「スカイダイビング」には興味を持ったりしないし、自らやろうとはしませんよね?

結論から言えばタイトルにもある通りで、水に対する恐怖心さえなければ泳げなくてもスキューバーダイビングはできます。

この記事では、かなづちでもスキューバーダイビングができる理由について解説させていただきます。

ぶちキリン
ぶちキリン
ダイビングやってる人で泳げない人って結構多いんだよ!
ぶちキリン
ぶちキリン
その反動もあってハマっちゃうらしいね!

水中でも呼吸ができる

泳ぐことができない方は【息継ぎができない】というのが大半です。

スキューバーダイビンでは、レギュレーターという器材を着用します。

このレギュレーターは、空気タンクに充填されている圧縮空気を人間が吸える圧力に下げて空気を供給する器材です。

レギュレーターに関する記事は

で詳しく解説させていただきましたので、興味のある方はご覧いただければと思います。

レギュレーター&オクトパス│器材の選び方とメーカーまとめレギュレータやオクトパスってどうやって選べばいいのか、どんなメーカがあるのかご存知ですか?この記事ではレギュレータやオクトパスについての選び方や、メーカーの特徴について解説しています。自分好みのレギュレータやオクトパスを選ぶことによって、最高のダイビングライフを堪能できます。...

このレギュレーターがあれば、水中でも息を吸うことが可能です。

つまり息継ぎをする必要がないのです。

空気がなくなる心配を持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、スキューバーダイビングは基本バディー制となっており、二人以上で潜ります。

空気がなくなってもインストラクターなどのバディーは、初心者の方と比べて空気のコントロールができますので分け与えてもらうことが可能です。

空気が無くなる心配はないので安心してください。

ぶちキリン
ぶちキリン
レギュレーターの扱い方は講習で練習するから大丈夫!
体験ダイビングでも扱い方の練習するよ!

器材を装備すれば沈まない

私は沈みそうとか考えたこともなかったですが、周りの人には「沈んでいきそうで怖い」と思う方たちもいらっしゃることが分かりましたので解説させていただきます。

  • ダイビング開始前と終了後によく浮いているけど、下手糞だから沈みそう。
  • 遭難したら浮いているのが大変そう。
  • 沈んでタイタニックの映画みたいになったら怖い・・・
  • 水中でどんどん沈んで行っていきそう

安心してください!

むしろスキューバーダイビングは沈む方が難しいんです。

器材には浮力が付いており、自分自身の空気量を調整しない限り潜ることができません。

スキューバーダイビング初心者は、最初は潜ることが課題になる方が多いです。

水中でもしも調整聞かなくなった場合は、バディーが助けてくれます。

フィン(足ヒレ)の扱いさえできていれば沈んで行くこともありません。

バディーが気が付かなくても、ウエイト(重り)を捨てる、器材を捨てるなどすればすぐ浮上できます。
※最終手段ですので、基本やらないでください。(減圧症の発症や肺の破裂を引き起こします)

とにかく、沈む心配はないので安心してください。

ぶちキリン
ぶちキリン
ウエイト外したりするのは本当の最終手段!
ウエイト等外しての緊急浮上は命にかかわることだから、基本的にはNGだよ!!

講習によるスキル強化

海外はずさんな講習も多いようですが、日本のスキューバーダイビングショップは、しっかりしているスクーバ―ダイビングショップばかりです。

金銭的に少々お高いかな?というスクーバ―ダイビングショップも中にはありますが(笑)

駄目だとできるまで徹底的に訓練します。

大体の泳げない方は講習時に色々アドバイスしてもらうことができますので、しっかりとサポートしてもらってください。

日数が伸びると追加料金となる場合もありますが、それでも徹底して訓練するようにしましょう。

できないスキルがあると命にも関わってくるため、スキューバーダイビングショップはライセンスを発行してくれませんので出来るまで頑張りましょう!

ぶちキリン
ぶちキリン
日本のスキューバーダイビングショップは本当にしっかりしてると思う!
その店の評価にもつながるし徹底してるよ!

まとめ

この記事では

  • 水中でも呼吸ができる
  • 器材を装備すれば沈まない
  • 講習によるスキル強化

について解説させていただきました。

確かに怖いものに近づくのには抵抗が出てきます。

まずはお試しに【体験ダイビング】を行ってみて、大丈夫そうならライセンス取得されるのが最善です。

いきなりライセンス講習を行って、駄目だったといっても払ったお金は帰ってきません。

不安な方は体験ダイビングから始めましょう!

大体どこのダイビングショップでも行うことができます。

体験ダイビングについては

で詳しく解説させていただきましたので、時間があるときにでもご確認ください。

 

また、ライセンス講習についての概要は

で解説させていただいてますので、合わせてみていただければと思います。

 

少しでも参考になっていただけたら嬉しいです。

では、ぶちキリンでした。

Twitter: @buchikirin1もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。