ダイビング器材

オリンパス【Tough TG-6】│ダイビングに最適なコンパクトカメラ

ダイバーに大人気の『Tough TG』シリーズから最新の機種【Tough TG-6】がオリンパスより発売となります。

Tough TGシリーズと言ったらやはり『顕微鏡モード』や『水中ホワイトバランス』においてトップクラスの性能を備えています。

この記事では、最新の【Tough TG-6】と前モデルの『Tough TG-5』の性能比較を行いました。

日常的に使用する分にはあまり変化はありませんが、ダイバー目線でみると『顕微鏡モード』『水中ホワイトバランス』はかなり進歩しています。

ダイバーの方でデジカメの購入で悩んでいる方は、この機会に購入を検討してはいかがでしょうか。

 

オリンパス【Tough TG-6】

「OLYMPUS Toughシリーズ」は過酷な状況下で使用できる防水・耐衝撃のカメラです。

オリンパス【Tough TG-6】は、オリンパス【Tough TG-5】と比べてどのように変わっているのかを確認していきます。

外観・サイズ:【Tough TG-6 VS Tough TG-5】比較

外観(正面):オリンパス【Tough TG-6】

「OLYMPUS TG-6 Tough」と「OLYMPUS TG-5 Tough」の正面比較

外観(背面):オリンパス【Tough TG-6】

「OLYMPUS TG-6 Tough」と「OLYMPUS TG-5 Tough」の背面比較

外観(横面):オリンパス【Tough TG-6】

「OLYMPUS TG-6 Tough」と「OLYMPUS TG-5 Tough」の側面比較

外観(上面):オリンパス【Tough TG-6】

「OLYMPUS TG-6 Tough」と「OLYMPUS TG-5 Tough」の上部比較

出典―フリー写真素材 フォトスク

機能Tough TG-6Tough TG-5
ボディ材質不明不明
横幅113mm113mm
高さ66mm66mm
奥行32.4mm31.9mm
重さ(メディア・バッテリー含)253g250g
防水機能15m15m
防塵機能IP6X相当IP6X相当
落下2.1m2.1m
耐荷重100kgf100kgf
動作温度-10 ~ +40℃-10 ~ +40℃

写真と表を見ていただければ分かりますが、横面(幅)がTG-5より『6mm』厚くなっており、質量が『3g』重くなっています。

ハウジングの問題もあるので、できれば同じサイズだったら嬉しかったですが、機能を考えると仕方がないです。

他は『OLYMPUS』、『Tough』のロゴが薄くなっていますが、好みもあるでしょうがどうでもいいですね。

他はTG-5と変わりありません。

露出(ホワイトバランス)・作画機能・フラッシュ:【Tough TG-6 VS Tough TG-5】比較

High Image Quality for Improved Detail
機能Tough TG-6Tough TG-5
測光範囲デジタルESP測光
スポット測光
デジタルESP測光
スポット測光
露出モードiAUTO
P
A
SCN
顕微鏡
水中
(*水中顕微鏡
C1-2
iAUTO
P
A
SCN
顕微鏡
水中
C1-2
ホワイトバランスオート
プリセット6種
水中3種
ワンタッチWB
CWB
オート
プリセット7種
ワンタッチWB
CWB
常用ISO感度100-12800100-12800
露出補正±2±2
HDR撮影対応対応
インターバル撮影対応対応
ブラケットフォーカス・HDRフォーカス・HDR
フラッシュ搭載搭載
フラッシュ機能オート
赤目軽減オート
強制発光
赤目軽減強制発光
スローシンクロ
赤目軽減スローシンクロ
発光禁止
コマンダー
オート
赤目軽減オート
強制発光
赤目軽減強制発光
スローシンクロ
赤目軽減スローシンクロ
発光禁止
コマンダー
その他機能深度合成
(3~10枚)
LVコンポジット
タイムスタンプ
2倍テレコン
通常時対応
深度合成
(8枚)
LVコンポジット
RAW現像限定対応限定対応
仕上がり設定8種8種
プロファイル調整機能コントラスト
彩度
シャープネス
コントラスト
彩度
シャープネス
アートエフェクト16種14種

水中顕微鏡モード

水中でも1cmまで近寄って撮影することが出来る水中顕微鏡モード』が追加されました。

つまり、かなり小さい生物(ウミウシやダンゴウオなど)の撮影が、今までよりも綺麗で簡単に撮影することが可能です。

マクロフォトダイバーにとってはとても嬉しい機能です。

水中ホワイトバランス

TG-5のホワイトバランス「水中」がさらに細分化され、「水中:浅い」「水中:中程度」「水中:深い」の3択となってます。

TG-5では『赤色』がかなり強調されていましたが、ホワイトバランス「水中」機能の向上により、自然な色再現が可能となっています。

深度合成

TG-5は8枚固定の合成機能だったのが、TG-6では3~10枚』と選択肢が広がっています。

深度合成って何?って方は『日本写真家協会』のホームページに詳しく書いてありますのでご確認ください。

タイムスタンプ機能

静止画に日付と時刻を刻印することができるようになりました。

思い出の日付を記録することが出来ますが、リセットされたりして設定をミスると日付も変わってくるので注意が必要です。

2倍テレコン

TG-6では、通常時でも『2倍テレコン』が利用可能です。

これにより、35mm判換算で200mmの画角の撮影ができるようになります。

アートエフェクト

アートエフェクトでは『ブリーチバイパス(銀残し)』インスタントフィルムが追加されましたが、使う方はそこまでいないと思うのでここでは省略させていただきます。

モニター:【Tough TG-6 VS Tough TG-5】比較

機能Tough TG-6Tough TG-5
モニター形式TFTTFT
モニター解像度(ドット)3インチ(104万ドット)3インチ(46万ドット)
モニターサイズ3.0型3.0型
可動方式固定固定
pictbridge対応

モニター解像度(ドット)

TG-5の46万ドットと比べて、TG-6では倍以上の『104万ドット』となりました。

解像度が上がれば、水中でも綺麗な景色や、可愛い生物も奇麗に映し出してくれます。

使い勝手はとても良くなること間違いなしです。

pictbridge

PictBridgeは、デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、カメラ付き携帯電話などで撮影した画像を、パソコンを使わずに直接プリントするための規格です。

PictBridgeに対応した機器であれば、メーカーや機種を問わず、製品と接続して写真をプリントできます。

ハウジング:【Tough TG-6 VS Tough TG-5】比較

奥行きが変わってしまったこともあり、ハウジングも変更となります。

PT-059(Tough TG-6) vs PT058(Tough TG-5)

Tough TG-6                                          Tough TG-5

見た目として、正面の『Tough』のロゴが入っている部分の色が変更されていることが見て取れますが、正直どうでもいいですね。

 

あとは背面のクリアだった部分が『フロスト仕上がり』となっています。

どうでもいいように見えますが、ダイバーとしては意外と重要な変更です。

『フロスト仕上がり』になったことで、本体背面のボタンが見えにくくなるため水中でボタンの確認と操作がしやすくなります。

 

他、ボタン配置などの変更はありません。

その他変更点:【Tough TG-6 VS Tough TG-5】比較

機能Tough TG-6Tough TG-5
撮影距離0.1m-∞
P/Aで0.01m
0.1m-∞
センサー保護ガラス面ARコート

撮影距離

P/Aモード時でも0.01mの最短撮影距離に対応しました。

顕微鏡モードへ移行する手間が無くなっています。

また、F値を固定してマクロ撮影ができるようになったので、フラッシュ使用時にF値が大きくなることが防げます。

センサー保護ガラス面

センサー保護ガラス面に『ARコーティング』が採用されています。

『ARコーティング』により、センサー面由来のレンズフレアやゴーストイメージなどが抑えられます。

逆光などにも強くなったことを意味するので、私のような光+洞窟を撮影するのが好きなダイバーにはとても嬉しい機能です。

オプション品

TG-6オプション品

Tough TG-6の発売とともに、新しいオプションパーツも発売されます。

PT-059:ハウジング

PT-059ハウジング

上記でも紹介しましたが、ハウジングが新しくなります。

必ず専用のものを使用してください。

FCON-T02:フィッシュアイコンバータ

FCON-T02フィッシュアイコンバータ

FCON-T01の後継としてFCON-T02が追加されます。

性能も格段に上がっており、ズーム位置を変更するだけで、円形魚眼レンズと斜め魚眼レンズの写真を切り替えることができます。

もちろん防水仕様となっており、レンズの内部は窒素ガスで満たされているため、温度差による内部の曇りを防ぎます。

LB-T01:レンズバリア

LB-T01 Lens Barrier

装着時に周辺部のリングを回転させることでレンズバリアでレンズを保護することができますので、扱いが荒い方は購入をオススメします。

ただし水中では使用できないので注意してください。

また、LEDライトの照射角と干渉するためマクロモードでライトを使用すると影ができてしまうそうなので注意してください。

 

CSCH-127:シリコンジャケット(保護ケース)

CSCH-127:シリコンジャケット(保護ケース)

Tough TG-6専用のシリコンジャケット(保護ケース)です。

 

UC-92:バッテリーチャージャー

UC-90の充電電流が500mAだったのに対して、UC-92では充電電流が800mAとなりました。

これにより、充電時間が『約4時間→約2.5時間に短縮することができます。

Tough TG-6及びオプション品の購入方法

新規で購入される場合は、インターネットでの購入をオススメします。

大体どこよりも安く購入できます。

もちろん近場の家電量販店で安く販売されていた場合は、そちらでご購入してください。

保有しているポイント(Amazonポイント、楽天ポイント、Tポイント、オリンパスポイントなど)によって選んで、購入されるのが良いと思います。

基本的には『Amazon』、『楽天』でのご購入をオススメします。

 

あまり知られていませんが、カメラのキタムラでは『Tポイント』を使用することが可能です。

また、買い替えをご検討の方はカメラのキタムラで買取サービスをご利用することも可能です。

【公式】オリンパス オンラインショップ
オリンパスオンラインショップは定価販売なので高くなります。
しかし、【フォトパスプレミアム会員】へ入会しての会員割引や、入会特典のポイントなどをうまく活用すると、どこよりも安くなることがあります。
詳しくは【詳細ページ】をご確認ください。
オススメ度
価格提示価格は定価だが、制度をうまく利用すれば最安値で購入可能
サポートメーカーのサポートに勝るものはなし
故障対応商品によっては新品交換してくれる

詳細ページ公式ページ

PT-059:ハウジング

FCON-T02:フィッシュアイコンバータ

LB-T01:レンズバリア

CSCH-127:シリコンジャケット(保護ケース)

まとめ

この記事では

  • オリンパス【Tough TG-6】
  • オプション品
  • Tough TG-6及びオプション品の購入方法

について紹介させていただきました。

 

『Tough TG-6』への変更点は正直少なく、マイナーチェンジといった感じです。

しかし、ダイバー視点で見てみるとかなり改良されており、嬉しい機能が多数搭載されました。

『Tough TG-5』を保有している方は悩まれるかもしれませんが、『Tough TG-4』以前の機種を保有している方は買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

初心者ダイバーでカメラ購入を検討されている方には、とてもオススメできる機種となってます。

水中モードおよびマクロ機能に関しては、ミラーレスカメラにも劣らない信頼性を秘めています。

 

他にもダイバー用カメラや一般用防水カメラ、スマホ用のハウジング(防水ケース)の紹介も↓こちらでしていますので、興味がある方はご確認ください。

>>>【2019年】おすすめスキューバーダイビング用カメラを種類別に厳選紹介!!

【2019年】おすすめスキューバーダイビング用カメラを種類別に厳選紹介!!スキューバーダイビングを始めると、幻想的な世界や可愛い生物を思い出に残したくなってきます。 また、体験ダイビングでの思いでを残した...

 

>>>【2019年】おすすめ防水コンパクトカメラ3選!海水浴や川遊びでの使用に最適のカメラをダイバー視点で厳選!!

スキューバーダイビング防水カメラのメンテナンス方法│オススメ用品も紹介防水ハウジングを使用してる方!! ちゃんとメンテナンスしてますか? 海や川でカメラを使う方、特にスキューバーダイビングをやる...

 

>>>【mpac+Dive】スマートフォンを使って水中撮影が可能!ダイビング中でもスマホ操作が可能な防水ケース!

【mpac+Dive】スマートフォンを使って水中撮影が可能!ダイビング中でもスマホ操作が可能な防水ケース!「海へ遊びに行って素敵な思い出を写真に残したい」 「防水仕様のカメラは欲しいけど、高くて買えない」 「ダイビングのレンタルカ...

 

>>>【WEEFINE WFスマートハウジング】スマートフォンを使って水中撮影が可能!ダイブコンピュータモードやコンパス表示が便利!

スマホ用防水ケース WEEFINE WF スマートハウジング 製品紹介
【WEEFINE WFスマートハウジング】スマートフォンを使って水中撮影が可能!ダイブコンピュータモードやコンパス表示が便利!ダイビングにスマホを持込みたいと思ったことはありませんか?この記事では『WFスマートハウジング』というスマホのハウジングを紹介しています。WFスマートハウジングさえあれば、大体のスマホをダイビングに持ち込み、写真を撮ったり、ダイブコンピューターのように使用したりできます。...

 

ハウジング(防水ケース)のメンテナンス方法についても↓こちらで解説していますので、メンテナンス方法が分からなくて不安な方はご確認ください。

スキューバーダイビング防水カメラのメンテナンス方法│オススメ用品も紹介

スキューバーダイビング防水カメラのメンテナンス方法│オススメ用品も紹介防水ハウジングを使用してる方!! ちゃんとメンテナンスしてますか? 海や川でカメラを使う方、特にスキューバーダイビングをやる...

 

 

すこしでも参考にしていただけたら幸いです。

では、ぶちキリンでした。

Twitter: @buchikirin1もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。
こちらの記事もおすすめ!