ダイビングライセンス

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)はスキューバーダイビングするのに必要?不要?

スキューバーダイビングのライセンスにはオープン・ウォーター・ダイバー(以下「OWD」と称します)やアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(以下「AOW」と称します)があり、ほとんどの方はOWDとAOWを取得されます。

OWDやAWDを取得したら、その後にレスキューダイバー(RED)エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)スペシャリティコース(SP)というものがあります。

AWDまでは取得したけど、その後のレスキューダイバー(RED)エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)スペシャリティコース(SP)取得した方がいいのか迷われる方も多くいらっしゃいます。

 

私の見解としてはレスキューダイバー(RED)エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)不要というのが結論になりますが、その理由も解説させていただきます。

この記事では、スキューバーダイビングライセンス取得後に取得するか悩まれるレスキューダイバー(RED)エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)のエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)に焦点を絞って解説させていただきます。

 

※この記事の内容は、スキューバーダイビング指導団体「PADI」を基準として説明しています。

 

レスキューダイバー(RED)取得に関する記事は、↓こちらに記載していますので興味がある方はご確認ください。

>>>レスキューダイバー(RED)コースはスキューバーダイビングするのに必要?不要?

レスキューダイバー(RED)コースはスキューバーダイビングするのに必要?不要?スキューバーダイビングをやるうえで、レスキューダイバー(RED)はスキューバーダイビングするのに必要なのか?不要なのか?迷われていませんか?この記事では、レスキューダイバー(RED)の必要性とダイビングのボッタくり事情について解説しています。無駄なお金は使わないようにしましょう。...

 

スペシャリティーコース(SP)取得に関する記事は、↓こちらに記載していますので興味がある方はご確認ください。

>>>スペシャリティーコース(SP)はスキューバーダイビングするのに必要?不要?

スペシャリティーコース(SP)はスキューバーダイビングするのに必要?不要?スキューバーダイビングをやるうえで、スペシャリティーコース(SP)はスキューバーダイビングするのに必要なのか?不要なのか?迷われていませんか?この記事では、スペシャリティーコース(SP)の必要性とダイビングのボッタくり事情について解説しています。無駄なお金は使わないようにしましょう。...

 

スキューバーダイビングライセンス取得に関する記事は、↓こちらに記載していますのでライセンス取得をされていない方、興味がある方はご確認ください。

>>>スキューバーダイビングを始めてみよう!指導団体やライセンスの種類を紹介

スキューバーダイビングを始めてみよう!指導団体やライセンスの種類を紹介「ダイビングの資格を取りたいけど、色んな団体やショップがあって、どこを選んで申し込みすればいいのか分からない」なんて思っていませんか?この記事では、これからライセンスを取得したい人向けで、ライセンスについての概要を記載しています。この記事を見て、不安を少しでも和らげてください。...

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)はスキューバーダイビングするのに必要?不要?

上記にも書かせていただきましたが、私の見解としてはエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は不要です。

 

中にはエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を受講して取得されている方もいらっしゃいます。

なぜ、エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を受講して取得されている方もいるかも合わせて解説します。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)とは?

まずは、PADIのホームページに書かれている内容を引用します。

身近な親しい人が突然倒れたり、交通事故などに遭った場合、あなたならどうしますか? 救急車が到着するまでの時間にいかに適切な処置を施すことができるかで、患者のその後の状況は大きく変わってきます。大切な人を守るために、いざというときに備えて、適切な処置の仕方を身につけておきたいものです。

エマージェンシー・ファースト・レスポンスは、心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学ぶプログラムです。

知識やスキルを身につけるだけでなく、現実的なシナリオ練習を通して、日常での緊急時における実践的な対処法を学びます。

EFRは最新の医学的基盤に基づいた信頼性の高いプログラムで、世界中のさまざまな機関から承認されています。

出典ーPADI

スキューバーダイビングのエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は基本不要

私の見解としては、エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は取る必要ないライセンスになります。

今まで様々なダイビングポイントで潜ってきましたが、必要になったことはありません。

正直なところOWD、AOWだけ取得すればどこでもダイビングを楽しむことができます。

 

大型ダイビングショップでは、ダイビングポイントによって「○○コース受講者のみ」と書いてありますが、エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を持っていなくても他のショップに行けば、受け付けてくれるところの方が多いです。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は、はっきり言えば「金の無駄」です。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を受講してお金を使うより、ファンダイビングで楽しみながらお金を使う方が上達も早いです。

ファンダイブでインストラクターの方に聞けば、エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)の内容を指導してくれますので、結局はCカードがあるかないかの違いです。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を受講するダイバー

中にはログブック等にエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)Cカードを入れていて、自慢してくるダイバーも多くいます。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を大量に受講されている方は、なぜそんなに受講しているかですが、基本的に以下のとおりです。

  • ボッタくりスキューバーダイビングショップの常連
  • カード集めマニア
  • 金持ちの暇つぶし
  • 旅行記念取得

上記がほとんどです。

ボッタくりスキューバーダイビングショップの常連

ボッタくりスキューバーダイビングショップの常連になってしまうと、そこのスキューバーダイビングショップが標準となってしまいます。

そのため沢山のエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を受講しないと、ファンダイビングで潜ることができないと思い込んでしまいます。

悪い言い方をすれば、ボッタくりスキューバーダイビングショップの金づるです。

気を付けましょう。

Cカード集めマニア

沢山のCカードを持つことで、満足感を得ている方も沢山います。

そうゆう方は受講されるのは問題ありませんが、お金の浪費もしていることだけは自覚しておいてください。

金持ちの暇つぶし

お金持ちの方も沢山のスペシャリティコース(SP)を受講されています。

お金を世の中に回すのはいい事なので、お金がある方は沢山お金を使ってください(笑)

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は指導団体とスキューバーダイビングショップの資金源

結局のところエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は、指導団体スキューバーダイビングショップ資金源になります。

特にエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)をオススメしてくるダイビングショップは、ボッタくりのダイビングショップですので気を付けてください。

ボッタくりのスキューバーダイビングショップの見極め方については、↓こちらで解説していますのでご確認ください。

>>>スキューバーダイビングはボッタくりが多い?ライセンス取得でのダイビングショップの選び方を教えます!!

スキューバーダイビングはボッタくりが多い?ライセンス取得でのダイビングショップの選び方を教えます!!スキューバーダイビングショップ選びで迷っていませんか?この記事ではショップの特性やメリット・デメリットについて解説しています。ボッタくられないように簡単な知識をつけてからショップ選びしましょう。...

ボッタくりのスキューバーダイビングショップはエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)の勧誘がしつこい

色々ダイバー仲間に話を聞いたり、ネットサーフィンで見ていると金儲けの為にひどいことをするダイビングショップも多いです。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)をしつこく受講させたり、器材を定価で販売したりしてお金儲けしているダイビングショップが後を絶ちません。

 

一度他のダイビングショップの方に聞いてみた方がいいです。

良心的なダイビングショップであれば

「エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)はあった方が知識にはなるから取った方がいいけど、なくてもスキルがあれば問題なく潜らせてあげる」

といってくれます。

ライセンス取得や器材購入も同じようにボッタくられないよう気を付けてください。

>>>スキューバーダイビングはボッタくりが多い?ライセンス取得でのダイビングショップの選び方を教えます!!

スキューバーダイビングはボッタくりが多い?ライセンス取得でのダイビングショップの選び方を教えます!!スキューバーダイビングショップ選びで迷っていませんか?この記事ではショップの特性やメリット・デメリットについて解説しています。ボッタくられないように簡単な知識をつけてからショップ選びしましょう。...

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を無料または格安で受講する方法

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は、ダイビングショップで受講すると1~2万円ほどの費用が発生します。

しかし、『上級救命講習修了書』、『救急員養成講座受講証』は同等の資格になりますが、無料または数千円で受講することが可能です。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)がないとレスキューダイバー(RED)を受講することができませんが、『上級救命講習修了書』または『救急員養成講座受講証』を指導団体に提出すれば免除することが可能です。※発行から一年以内のもの

上級救命講習は無料で受講できる

救命講習は、エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)と講習内容はほぼ同じです。

救命講習(きゅうめいこうしゅう)は、日本で消防本部によって行われている応急処置技能講習。総務省消防庁による「応急手当の普及啓発活動の推進に関する実施要綱」に基づき、各地の消防局・消防本部が指導する公的資格の一つ。

出典ーWikipedia

『上級救命講習』と検索していただければ沢山出てきますが、上級救命講習はお住まいの消防署で無料受講することが可能です。

わざわざダイビングショップへ数万円払って受講するよりも、救助のプロに教わったほうがお手軽に知識は身に付きます。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)の知識だけ身に着けたいのであれば、やる内容としては普通救命講習と同等です。

こちらも無料で受講することが可能です。

救急員養成講習は格安で受講できる

救急員養成講習は、エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)と講習内容はほぼ同じです。

『救急員養成講習』と検索していただければ沢山出てきますが、救急員養成講習はお住まいの日本赤十字社 各支部で数千円で受講することが可能です。

わざわざダイビングショップへ数万円払って受講するよりも、格安で救助のプロに教わったほうがお手軽に知識は身に付きます。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)の内容を独学で覚える

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)の内容について覚えたいのであれば、参考書(マニュアル)で覚えるのが一番安くすみます。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を受講したくなるレベルの方なら、参考書(マニュアル)の内容も理解できるはずです。

疑問になった点があれば、良心的なスキューバーダイビングショップのインストラクターでしたら快く教えてくれます。

デメリットとしては、Cカードは貰えませんし、エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を受講してしまったときは同じ参考書(マニュアル)が付いてくるので無駄金になってしまいます。

まとめ

この記事では、

  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)はスキューバーダイビングするのに必要?不要?
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は指導団体とスキューバーダイビングショップの資金源
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を無料または格安で受講する方法
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)の内容を独学で覚える

について解説させていただきました。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)の取得は不要ですが、浪費と考えて取得する分には問題ありません。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)のCカードが無いと、色々なポイントで潜ることができないと勘違いして取得することだけは止めましょう。

無駄だと思うエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)を受講するよりは、ファンダイブで楽しく潜った方が安く済みますし、スキルも向上します。

スキューバーダイビングは、ただでさえお金がかかる遊びですので、お金の使い方には注意したほうが今後の為になります。

>>>スキューバーダイビングっていくらかかるの?お金事情を解説します!

スキューバーダイビングっていくらかかるの?お金事情を解説します!スキューバーダイビングってお金がいくら必要か知ってますか?この記事ではダイビングの金銭事情について解説しています。ファンダイビングや器材の相場を知ってボッタくられないように注意しましょう。...

 

スキューバーダイビングライセンス取得に関する記事は、↓こちらに記載していますのでライセンス取得をされていない方、興味がある方はご確認ください。

>>>スキューバーダイビングを始めてみよう!指導団体やライセンスの種類を紹介

スキューバーダイビングを始めてみよう!指導団体やライセンスの種類を紹介「ダイビングの資格を取りたいけど、色んな団体やショップがあって、どこを選んで申し込みすればいいのか分からない」なんて思っていませんか?この記事では、これからライセンスを取得したい人向けで、ライセンスについての概要を記載しています。この記事を見て、不安を少しでも和らげてください。...

 

他にもスキューバーダイビング関連の記事(体験ダイビング・スポット・器材・防水カメラなど)を書いていますので、興味ある方はご覧いただけたらうれしいです。

>>>スキューバーダイビングの概要│体験ダイビング・スポット・器材・防水カメラ

スキューバーダイビングの概要│体験ダイビング・スポット・器材・防水カメラ スキューバーダイビングを始めたい! 体験ダイビングをやりたい! スキューバダイビングの器材を知りたい! スキュ...

 

 

私のプロフィールは、↓こちらに記載していますので興味がありましたらご確認ください。

>>>メッセージ&プロフィール ブログを始めた理由と保有資格

メッセージ&プロフィール ブログを始めた理由と保有資格こんにちは。サイト管理人のぶちキリンと申します。 こちらのサイトでは ビルメン(ビル管理・施設管理・設備管理) ...

 

一人でも多くの方の参考になれば幸いです。

では、ぶちキリンでした。

Twitter: @buchikirin1もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。
こちらの記事もおすすめ!
ダイビングライセンス

スキューバーダイビングはボッタくりが多い?ライセンス取得でのダイビングショップの選び方を教えます!!

2019年3月31日
ビルメンダイバーぶちキリンの部屋
スキューバーダイビング始めたいけど、ダイビングショップ色々ありすぎる! ネットとかいろいろ見ているけど、ボッタくりとか多いって書いてあ …