消防防災資格

第5類消防設備士を取得しよう!勉強方法とおすすめ参考書

建物設備では消火器や火災感知器、スプリンクラー、消火栓などの消防設備が設置されています。

消防設備を設置したり、点検したりするのには「消防設備士」の資格が必要になります。

消防に関する資格は多くあります。

今回紹介する「消防設備士」だけでも8種類、甲種乙種を分けると13種類になります。

消防設備士全体の概要は、こちらでご確認ください

消防設備士を取得しよう!勉強方法と資格の必要性消防設備士資格の種類や、類別該当している消防設備を理解していますか?消防設備士資格は沢山の種類があり、設備ごとに資格が必要となります。甲種・乙種でも変わってきます。この記事では消防設備士全体の概要について解説しています。消防設備士について理解し、資格取得を目指しましょう。...

今回は8種類あるうちの中から「第5類消防設備士」に焦点を合わせて解説します。

ビルメンが持つべき資格としては賛否両論ありますが、持っておいて損はない資格です。

確かに会社や転職などでは評価されにくい資格ではあります。

ただし、私個人の意見になりますが、消防設備士の勉強をするだけで「防災や災害」への意識が向上します。

消防設備の概要を抑えておくだけで、いざというとき(災害時等)に役に立つのではないかという思いもあります。

各消防設備の扱い方や役割を、多くの方に理解していただきたいと思っています。

話がそれましたが、この記事では元警備会社系列ビルメンで、消防設備を多く見てきた私が解説させていただきます。

ぶちキリン
ぶちキリン
消防や防災の知識をつけておけば、災害時に生存確率をあげることにもなるよ!
正しい知識を身に付けてね!!

第5類消防設備士が独占業務で扱える消防設備

消防設備士の資格の中で、第5類消防設備士が扱える消防設備は避難設備」になります。

避難設備は「緩降機(オリロー)」や「避難はしご」などがあります。

ビルメンが管理する物件で、設置している施設は少ないかと思います。

第5類消防設備士には「乙種」「甲種」の2種類があり、乙種が行えるのは点検と整備のみです。

甲種は乙種の点検と整備に加え、新設や改修などの工事も行えます。

避難設備である「緩降機(オリロー)」や「避難はしご」などの点検や整備、工事といった作業は「第5類消防設備士」の独占業務となります。

第5類消防設備士の試験科目

第5類消防設備士の試験科目及び問題数は以下の表のとおりです。

種類
試験科目
類別
特類第1類第2類第3類第4類第5類第6類第7類
甲種
筆記工事設備対象設備等の構造・機能・工事・設備15
火災及び防火15
消防関係法令15
15
基礎的知識
10
消防用設備等の構造・機能・工事・整備
20
45
45
実技
乙種
筆記消防関係法令
10
基礎的知識
構造・機能・整備
15
30
実技

乙種:筆記30問、実技5問 計35問
甲種:筆記45問、実技7問 計52問

になります。

また、甲種を受験される場合は受験資格が必要となります。

受験資格については「消防設備士を取得しよう!勉強方法と資格の必要性」で書かせていただきましたので、こちらよりご確認ください。

消防設備士を取得しよう!勉強方法と資格の必要性消防設備士資格の種類や、類別該当している消防設備を理解していますか?消防設備士資格は沢山の種類があり、設備ごとに資格が必要となります。甲種・乙種でも変わってきます。この記事では消防設備士全体の概要について解説しています。消防設備士について理解し、資格取得を目指しましょう。...

第5類消防設備士の科目免除

第5類消防設備士は「乙種6類」を取得している場合、乙種のみ

  • 消防関係法令の共通部分
  • 基礎的知識

「乙種6類」以外の消防設備士を取得している場合、

  • 消防関係法令の共通部分

が免除になります。

また、他資格や実務経歴によっても免除できる項目がありますので、一般財団法人 消防試験研究センターHPをご確認ください。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.shoubo-shiken.or.jp/shoubou/subject.html"]

私個人の意見としては、科目免除はおすすめしません。

科目免除できる「消防関係法令の共通部分」、「基礎的知識」は勉強すれば簡単に出題数の80~100%を獲得できます。

他科目はそれなりに勉強しないと60%下回ることもありますので、取れる科目で点数を稼いだ方が無難です。

第5類消防設備士の合格基準

第5類消防設備士の合格基準は、

  • 筆記試験において、各科目毎に40%以上出題数全体の60%以上
  • 実技試験において60%以上

で合格となります。

なお、試験の一部免除がある場合は、免除を受けた以外の問題で上記の成績を修めた方を合格としてます。

第5類消防設備士の勉強方法

第5類消防設備士は、消防設備に関りが少ない方には少し大変な資格になります。

勉強時間は、しっかり勉強すれば1ヶ月程で取得可能です。

他類の消防設備士を持っていれば、2~3週間あれば取得可能です。

参考書を繰り返し読んで勉強しておけば問題ありません。

そのうち勝手にインプットされるはずです。

どうしても覚えられない部分は、試験直前に参考書を確認し、試験開始と同時に問題用紙へ書いてください。

もし、その問題が出た場合、問題用紙に書いた部分を確認すれば簡単に解けます。

私も設置基準などの細かい数字を覚えるのは、苦労した記憶があり、上記の方法を活用してました。

ただ、そうゆうの問題って試験中は大体覚えてることが多いです(笑)

 

甲種受験では「製図」についても出題されます。

製図問題は、問題集を覚えるだけでなく、紙に書きながら練習して覚えてください。

フリーハンドで汚くても大丈夫です。

配線や配管が、グニャグニャに曲がってたりしてても減点にはなりません。

とにかく数をこなして覚えましょう。

この設備には、何の避難器具を何階以上に何個設置するのかなどの、計算問題も多く出題されます。

筆記試験の内容を理解してないと解けない問題も出題されますので、内容を理解しながら勉強してください。

 

第5類消防設備士を一番最初に受ける方はいらっしゃらないかと思いますが、消防設備士試験が初めての方は「消防関係法令」に関しては、しっかりと覚えてください。

今後他類を受験する際や、ビルメンなら消防監査時にとても役に立ちます。

第5類消防設備士のおすすめ参考書

私がおすすめする第3類消防設備士の参考書は、正直どれでもいいです

いろいろ立ち見等してみましたが、どの参考書も同じ感じで変わりありません。

私が使用した参考書は下記の5類消防設備士完全攻略のみです。



消防設備士試験で一番やっかいな鑑別問題に関しては、もう使ってないような設備や、普段目にしないような設備などいやらしい問題が多々出題されます。

こちらはインターネット検索で、色々な画像を見て覚えるのがおすすめです。

まとめ

今回は第5類消防設備士の

  • 第5類消防設備士が独占業務で扱える消防設備
  • 第5類消防設備士の試験科目
  • 第5類消防設備士の科目免除
  • 第5類消防設備士の合格基準
  • 第5類消防設備士の勉強方法
  • 第5類消防設備士のおすすめ参考書

について書かせていただきました。

この記事で書かせていただいたように、しっかりと勉強すればだれでも合格はできます。

避難設備の種類から扱い方などの問題もあり、防火防災などの災害知識としても役に立つことが身に付けます。

資格取得と合わせて、災害への関心も深めていただければと思います。

 

消防設備士全体の概要はこちらの記事をご確認ください

消防設備士を取得しよう!勉強方法と資格の必要性消防設備士資格の種類や、類別該当している消防設備を理解していますか?消防設備士資格は沢山の種類があり、設備ごとに資格が必要となります。甲種・乙種でも変わってきます。この記事では消防設備士全体の概要について解説しています。消防設備士について理解し、資格取得を目指しましょう。...

 

すこしでも参考にしていただけたら幸いです。

では、ぶちキリンでした。

Twitter: @buchikirin1もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。
こちらの記事もおすすめ!