資産運用

2,000万円を資産運用で貯める方法を解説│日本の年金制度は崩壊?

『今のままでは年金は払えません!65歳までに『2,000万円』貯めてください!』

2019年(令和元年)6月3日に、金融庁がそんなふざけた報告をしてきました。

さすがに国の積立金もある為、年金制度の崩壊はないとは思います。

政府は上記を受取り拒否しましたが、我々国民の不安は消えません。

 

日本の総人口が減少局面に移行した中、長寿化は年々進行し、「人生 100 年時代」と呼ばれるかつてない高齢社会を迎えようとしています。

そんな中で、年金が払えなくなってしまうのは前々から分かっていたことですが、どうしても納得はできません!

でも「あ~だ、こ~だ」言っていても仕方がありません。

腑に落ちないこともありますが、貯めなきゃいけないのは仕方がないので65歳までに【2,000万円】貯めましょう!

金融庁の資料に『資産形成(投資)にあたってのポイント』という資料があります。

この資料については、私も賛同できるので解説しながら『65歳までに2,000万円貯める方法』をご紹介させていただきます。

長期投資で解説しますので45歳以上の方には向かないです。
申し訳ございませんが、45歳以上の方はある程度の貯蓄を確保するために『副業等』をすることをオススメします。

私の現在の資産運用については、↓こちらで紹介していますので、気になる方は見てみてください。

>>>【2019年6月】32歳ビルメンの資産運用公開│低収入業界はお金に働いてもらう

2,000万円を資産運用で貯める方法を解説

金融庁は『資産形成(投資)にあたってのポイント』を以下のように開示しています。

ポイントつみたてNISA
長期投資投資を始めたら、長期間続けること!長期保有を前提とした制度
非課税期間は20年間
積立投資投資のタイミングをとらえるのは難しい!
定期的に自動で買付!
買い付けの方法は、積立投資に限定
分散投資分散投資でリスクを軽減!
資産の分散と地域の分散!
対象は、国内外の株式・債券等に分散して投資する投資信託
手数料信託報酬は、長期の運用成果に大きな影響!信託報酬が低く、販売手数料もノーロード(0円)の低コスト商品に限定
分配金毎月、分配金を受取ることは、長期の運用には向かない!毎月分配型でない商品が対象
税金原則、運用益は課税(20.315%)運用益は非課税

これだけ見ても『???』という方が私の周りにも多かったので解説させていただきます。

長期投資で資産運用する

この項目で政府(金融庁)が一番言いたいことは、『証券口座の開設をしてください!』だと私は解釈しています。

原則として、長期投資は『証券口座』を開設して運用します。

銀行口座で運用したとしても良くて「年利0.1%」となります。

つまり、100万円投資しても「100.1万円」にしかなりません。

証券口座の運用ですと平均で『年利3~7%』となりますので、「103~106万円」となります。

 

ETFや投資信託は長期保有して『複利』のパワーを利用して資産運用します。

長期で保有し続ければ、いつの間にか資産が増えているという現象が発生します。

下図を見ていただければ分かるとおり、毎月3万円を年利(リターン)4%で30年間つみたてた場合は、30年後に『20,821,482円』が貯まる計算になります。

元本『10,800,000円』に対して『20,821,482円』となりますので、約二倍近くの金額となっています。
※税金や手数料は考慮していませんので、多少金額は下がります。

30年間毎月3万円つみたて

 

では、銀行口座で毎月3万円を年利(リターン)0.1%で30年間つみたてた場合はというと、下図のとおり30年後に『10,963,169円』が貯まる計算になります。

元本『10,800,000円』に対して『10,963,169円』となりますので、約100万円程しか増えていません。
※税金や手数料は考慮していませんので、さらに金額は下がります。

30年間年利0.1%毎月3万円つみたて

図のシミュレーションは『楽天証券』で簡単に行えますので、各自確認してみてください。

証券口座を開設していない人は、まず口座開設をしましょう!

複利とは?

利子にもまた利子がつくこと。

たとえば、元金(もともとのお金)が100万円あり、この100万円を金利2%(年利)で1年間預金したとすると、1年後には102万円になる。この場合、2万円は、元金に対してついた利子である。この2万円も含めて(つまり102万円を)再び金利2%で1年間預けると、1年後には104万円となるのではなく、104万400円となる。この400円は、利子である2万円についた利子である。このように、利子にもまた利子がつくことを、「複利」という。

長い期間でみると、複利の効果は非常に大きい。複利にするためには、利子を元金に組み入れて運用すればよい。上記の例では利子の2万円を元金100万円に加え、102万円を新たな元金としていた。

出典―金融広報中央委員会「知るぽると」

積立投資(ドルコスト平均法)で資産運用する

株式投資やインデックス投資で運用するとなると、「下がった時に買って、上がった時に買う」というイメージを持たれていませんか?

正直言うと、我々のような初心者がこのような手法で投資(投機)すると、天才でない限り必ずと言っていいほど資産は減ります。

そのようなリスクを回避するために、ドルコスト平均法でつみたてて購入していきます。

ドルコスト平均法とは、買う数量を一定にするのではなく金額を一定にして、その金額で買える数量を買っていく手法です。

下記を見ていただければ分かるとおり、継続的に行うと意外と平均価格は低く抑えられる手法となり、リスクが低減できます。

もちろん初めのうちは元本割れも出てきて焦ってしまいますが、長期投資で見れば平均に近づきますので、『焦らず』ドルコスト平均法で投資してください。

各証券会社では、毎月自動積立機能がありますので「数か月に一回」、「数年に一回」程度見て確認するくらいで放置するくらいがベストです。

ドルコスト平均法出典―三井住友DSアセットマネジメント株式会社

金額が上がってきたから『売却』、金額が下がってきたから『損切(売却)』という行動をしたら逆に損するので、放置しながら運用してください。

分散投資で資産運用する

分散投資とは、ETF(上場投資信託)を利用して資産運用することをいいます。

ETF(上場投資信託)の場合、基本的には日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)、S&P500といった指数に連動することを目指す銘柄で構成されています。

日経平均株価でしたら主要日本企業株(トヨタ株やJT株など)の詰合せセット商品、S&P500でしたら主要アメリカ企業株(Apple株やAmazon株など)の詰合せセットと考えていただければ大丈夫です。

ここで政府(金融庁)が言いたいのが、そのままですが「色々と分散してほしい!」ということです。

理由としては

  • TOPIX型選んだ時点で、日本の投資家の半分より上
  • S&P500型選んだ時点で、米国株投資家の半分より上

の成績を収めることができるからです。

全世界に投資しているETF(上場投資信託)で有名なものとしては、三菱UFJ国際投信の【eMAXIS Slimシリーズ】が有名でオススメです。

ちなみに管理人のETF(上場投資信託)運用は『楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)』ですが、eMAXIS Slimシリーズとあまり変わりはありません。

ここは個人の責任となりますので、『投資信託説明書(交付目録見書)』や『投資先の情報』を見て選んでください。

手数料が低コストの商品で資産運用する(信託報酬0.75%以上の商品は99.99%ボッタくり)

ETF(上場投資信託)や投資信託には手数料が発生します。

こちらで政府(金融庁)が言いたいこととしては、「信託報酬率1%以上の商品は99.99%ボッタくりだから気をつけてほしい。」、「販売手数料が0円の物を購入してください。それ以外は大体ボッタくりです。」と言うことです。

先ほどオススメした【eMAXIS Slimシリーズ】のeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を例にとっても、信託報酬率(年率、税込)は、0.15336%(2019年3月末時点)で販売手数料は0円です。

これを見ると、信託報酬0.75%でもかなり高いことが見て取れます。

0.1%の信託報酬の差が将来の投資リターンに大きな違いをもたらします。

注意してください。

毎月分配型の投資信託はで資産運用に向いていない(99.999%ボッタくり)

「分配金を毎月受け取れる」という投資信託で、何の問題もないように感じます。

資産運用していく段階では、上記でも説明したとおり複利効果を活かし資産を効率よく増やしていく必要があります。

しかし、毎月分配型投資信託は一部を分配金としてしまうため、資産運用商品としては不適切となります。

自分で再投資すれば同じであるという意見もありますが、再投資する前提ならばその都度課税されてしまう毎月分配型である必要はなく、年1回の分配だけのものや無分配型を選ぶべきです。

毎月分配型は批判されることが多く、金融庁からも問題視されてきた歴史があり、2018年からスタートしたつみたてNISAも、毎月分配型投信は投資対象から除外されています。

下記でも説明しますが、資産運用は『つみたてNISA』を利用するのが効率よく運用できますので、なおさら毎月分配型の商品は資産運用に適していないことが分かります。

つみたてNISAを活用して非課税で資産運用する

原則、資産運用するにあたって運用利益には20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)が課税されます。

つまり10万円の配当が出た人は、20.315%にあたる2.315万円が引かれます。

この課税分を非課税にしてくれるのが「つみたてNISA」です。

つみたてNISAは、20年間毎年40万円(20年間で最大800万円)まで運用したものに対して非課税とする制度です。

毎年40万円を超えるものに対しては課税されますが、それでも効果は大きいです。

つみたてNISA口座はどの証券会社でも作ることができますので、口座開設することをオススメします。

2,000万円貯める方法(年利4%仮定)

過去の成績を見て『S&P500』に連動した商品は年利(リターン)3~7%で運用できている為、低めにとって年利(リターン)4%の運用で2,000万円をためるには毎月いくらとうしすればいいのかシミュレーションしてみました。

下記を見ていただければ分かりますが、若ければ若いほど有利です。

今が一番若いですので、早めの行動をオススメします。

35歳以下の方(30年積立する場合)

年利(リターン)4%30年間積み立てる場合、『28,816円』を毎月積み立てれば2,000万円を貯めることが可能です。

30年積立

45歳以下の方(20年積立する場合)

年利(リターン)4%20年間積み立てる場合、『54,529円』を毎月積み立てれば2,000万円を貯めることが可能です。

20年積立

55歳以下の方(10年積立する場合)

年利(リターン)4%10年間積み立てる場合、『135,824円』を毎月積み立てれば2,000万円を貯めることが可能です。

10年積立

資産運用に必要な証券口座の開設

資産運用を行うには証券口座を開設する必要があります。

金融庁が発信して慌てている方もいらっしゃるかと思います。

ここでは証券口座や投資信託スクールを数件紹介させていただきます。

楽天証券

楽天証券 は、業界最低水準の手数料と高い知名度が魅力の証券会社です。
株の初心者が1番最初に口座開設する証券会社としても、よく選ばれています。
また、楽天ポイントや楽天銀行、楽天カードなど、他の楽天サービスとの連携も取れるため、楽天をよく使う人には特にオススメできる証券会社です。

投信積立でポイント還元投資信託の積立で1%還元!!
最大で月500ポイントが付きます!
自動入出金(スイープ)機能で出勤も楽々「マネーブリッジ」を設定すれば、楽天銀行に残高があればすぐに注文が可能!!
月100円からの積立投資月100円の少額から始められることができるので、初めてで不安な方は試しに投資することができるのは安心!!
投資信託の取り扱い数は業界トップクラス楽天証券の投資信託の取り扱い数は業界TOPクラスで、投資信託2,645本以上、販売手数料が無料のノーロード銘柄1,359本以上、つみたてNISA対応銘柄130本以上
株式取引手数料は業界低水準でポイントキャッシュバック超割コースなら、取引手数料の1%がポイントでキャッシュバックされ、取引している間にポイントがさらに貯まります。

詳細ページ公式ページ

SBIネオモバイル証券

投資を始めてみたいけれど、お金がない。
ネオモバならお手持ちのTポイントを使って株が購入できるので、気軽に投資が始められます。
もちろん現金での購入も可能です。
1ポイント = 1円相当で利用できます。

日本初!
Tポイントで株が買える!
1ポイント = 1円相当で利用できます。
ログイン後、Tポイント利用手続き(ID連携)を行えば、今持っているTポイントが、あなたのネオモバ口座に反映されます。
月額200円で取引放題!株式取引では、一般的にお取引ごとに手数料がかかりますが、ネオモバでは月額のサービス利用料のみ!
大事な資産を守る強靭なシステムSBI証券はネット証券として約20年、お客さまの資産を安全に管理してきた実績があります。
ネオモバに関しても、このシステムとセキュリティを継承しているので、あなたの大事な情報と資産を安全に守ります。
数百円であの企業の株主に?
1株からお手軽購入!
ネオモバでは、1株単位(S株(単元未満株))で株が購入できます。
例えば数百円で株の購入ができることも!
大手2社の最強タッグネオモバは、ネット証券NO.1の”SBI証券”と、貯まる・使える店数 NO.1のポイントサービス「Tポイント」とマーケティングを繋ぐ”CCCマーケティング”の共同出資で誕生した会社です。

詳細ページ公式ページ

松井証券

松井証券は口座維持費が無料だったり、株の売買手数料が安かったりと、個人投資家に人気の高いネット証券ですが、日本で最初にネット証券を始めたのが松井証券です。
松井証券は大正7年創業の歴史ある証券会社でありながら、常に新しいサービスを世に送り出し続ける証券会社として多くの投資家に愛されています。

お得な手数料1日の株式約定代金合計10万円以内であれば、現物取引・信用取引の両方の合算で無料
高額の取引になると、手数料もそれに比例して高くなるので、安全にいくためにもまずは10万円以内の少額取引から始めるのがオススメ
革新的なサービス期限のない信用取引、「無期限信用取引」を証券業界で初めて開始
一日信用取引は、取引手数料0円/金利・貸株料0〜2%と低コストでデイトレードが可能
使い勝手を追求したツールリアルタイムで更新される情報画面と発注・約定確認画面が一体となった高機能トレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」をはじめ、株価情報株主優待検索など、多彩な投資情報ツールを無料で利用可能
充実したサポート体制個別の疑問やトラブルなどに対処して欲しいときは、オペレーターが直接対応
WEBサイト上の会員画面内にある専用フォームからのお問い合わせも可能
安心のシステム
健全な財務内容
インフラとなるシステムの安定化に向けた投資を、常に積極的に実施
適宜システムメンテナンスを行い、安定したサイト環境を提供

詳細ページ公式ページ

株式会社DMM.com証券

手数料は業界トップクラス
日本全国の株式を業界最安水準で取引できます。使いやすいWEBツール&スマホアプリWEB会社らしい取引ツールも魅力!パソコン用Web画面はセンスを感じるデザインとかゆい所に手が届く機能を併せ持つ優良ツールです。また、スマホアプリも簡単モード/ノーマルモードの切替が可能。初心者も満足できると思います。

手数料が業界最安値水準DMM 株は、現物取引も信用取引も業界最安値水準の手数料でお取引いただけます。
充実の取引ツール・アプリ初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。
DMM 株なら1つの取引ツールで国内株式と米国株式の取引が可能です。
ポイントがたまる取引手数料の1%がDMM 株ポイントとして貯まります。
貯まったポイントは、1pt=1円として証券口座に入金することが可能です。

詳細ページ公式ページ

【無料セミナー】ファイナンシャルアカデミー

ファイナンシャルアカデミーは、『お金の教養講座』という無料セミナーを全国各地で開催。
『お金の教養講座』は年間で225講座開催されており、約47万人が受講した日本で1番有名な資産運用の講座です。
ファイナンシャルアカデミーは金融商品を販売していないので、商品の勧誘などは一切ありませんし、入校の勧誘も一切ありません。安心して無料セミナーに参加することができます。

選べる3つの教養コース自分好みに3つの教養コースが無料で受講可能
お金の教養講座Plusお金の教養と、株式・FX・不動産の基礎知識を学べる
お金の教養が高まる株・FX
体験学習コース
ここに説明文を入力してください。株式投資・FXを始めるための必須知識と、成果を出し続けるための法則が学べる体験コース
お金の教養が高まる不動産
体験学習コース
不動産投資を始めるための必須知識と、成果を出し続けるための法則が学べる体験コース

詳細ページ公式ページ

東岳証券(スターリング証券)


【東岳証券(スターリング証券)の特長】

  • 金融情報サイト「e-profitFX プラス株365」が利用可能!
    くりっく365ユーザーの必需アイテム。 くりっく365の情報に特化した情報ページです。 金融経済ニュース以外にもチャート分析を得意とした「チャートプラス」や日々の要人の発言が分かる「要人発言」など、取引に必要な情報を網羅したメニュー構成になっています。
    フジトミで口座開設をすると、サイトを無料で利用することが可能なので、ぜひ取引に活用していただきたいツ ールです。
  • ポジション・トレーダーPROが利用可能! くりっく365のテクニカル分析に必須のアプリ。
    「くりっく365」「くりっく株365」のチャート分析が誰でも簡単にできるだけではなく、東証1部上場の 個別株のチャート分析もできるので、日経225への寄与度が高い銘柄がどのような変動をしているかなど、プロ 投資家のニーズにも対応しています。
    またNYゴールドやWTI原油などの海外商品相場の分析も可能で、ありとあらゆる投資家のニーズに答えるツール です。

↓証券口座は無料で開設できます。↓

【公式】東岳証券(スターリング証券)

三井住友DSアセットマネジメント


 

【三井住友DSアセットマネジメントの特長】

  • 長く付き合える投資信託をラインナップ
  • 毎月1千円からコツコツ積み立てられる
  • 販売手数料0円、口座管理手数料0円
  • 大手運用会社で初のインターネットを通じた投資信託の直接販売「SMAM投資信託ネット」
  • 安心と信頼の三井住友アセットマネジメントがあなたの資産形成のお手伝い
  • クイック口座開設ならPC・スマホ上で口座開設手続きが完結!
    印鑑不要・書面不要・郵送不要

↓口座は無料で開設できます。↓

【公式】三井住友DSアセットマネジメント

 

新興市場ドットコム


【新興市場ドットコム】は証券会社、運用会社で20年以上、 成長企業の調査をしてきたプロのアナリストが厳選、 高成長を続ける会社の株式投資情報を低価格で提供。

投資のアドバイスにより、あなたの株式投資の高い投資収益を目指し、強力にサポートします!

▼こんな人におすすめ

  • 株式投資で儲ける事が出来ない
  • 何に投資したらいいかわからない
  • ニッチな成長株の情報がほしい
  • タイムリーな情報がすぐほしい

↓月額1,500円から情報を入手できます。↓

【公式】新興市場ドットコム

投資顧問アイリンクインベストメント


  • 人気ブログランキング株部門10年連続1位、twitterフォロワー数3万人超と、多くの投資家の方が支持しています。
  • マネするだけの簡単投資
  • 月額費用は、業界最安値水準の3000円
  • シンプルな助言メール配信
  • 指値での配信なのでタイムラグの心配がありません

↓月額3,000円からプロの投資術情報を入手できます。↓

【公式】投資顧問アイリンクインベストメント

まとめ

今回の記事では

  • 2,000万円を資産運用で貯める方法を解説
  • 2,000万円貯める方法(年利4%仮定)
  • 資産運用に必要な証券口座の開設

について解説させていただきました。

今回の2,000万円報道で、我々日本国民のお金に対する意識も変わってきたんではないでしょうか?

さすがに年金制度の崩壊はないとは思いますが、将来への貯蓄は必須です。

現在のNISA口座開設率も1~2%程と低い水準となっています。

今後の資産形成はしっかりと行いましょう!!

 

私の資産運用について公開しています。

まだまだなところも多いですが、参考程度にご覧いただければと思います。

>>>【2019年6月】32歳ビルメンの資産運用公開│低収入業界はお金に働いてもらう

 

私のプロフィールは、↓こちらに記載していますので興味がありましたらご確認ください。

>>>メッセージ&プロフィール ブログを始めた理由と保有資格

 

一人でも多くの方の参考になれば幸いです。

では、ぶちキリンでした。

Twitter: @buchikirin1もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。
こちらの記事もおすすめ!