空調設備

空調設備の種類や概要まとめ!現役ビルメンが解説!

空調設備・熱源設備はビル管理(以下ビルメン)として、とても重要な設備となります。

オフィスビルや大型施設は気密性が高くなっていますので、空調設備を使って換気をしなければ、空気が汚染され体調不良を引き起こす可能性があります。

温湿度管理も重要で、法律によって温度と湿度の値が決められています。

オフィスビルなどのテナントビルでは、各フロアーや部屋ごとにコントロールパネル(リモコン)が設置されており温度の調整を行っています。

中央監視室や防災センターといった場所で一括管理している施設もあります。

施設の空調設備は設置して終わりということはなく、定期的なメンテナンスが必要不可欠となります。

この記事では、現役ビルメンの私が今まで経験してきた事を中心に、空調設備について簡単に書いていきます。

建物設備の空調方式について

空調設備には大きく分けると

  • 個別空調方式
  • セントラル空調(中央管理空調 又は 中央式空調)方式

の2種類があります。

個別空調方式

個別空調方式は各フロアをそれぞれ別の会社に貸している、雑居ビルなどに多く使われている方式になります。

フロア毎あるいは部屋毎に空調の【ON/OFF】や冷暖房の切り替え、温度調節ができるタイプで、各フロアまたはゾーン毎に熱源が分散設置されています。

中規模以下のビルは、ほとんどこの個別空調方式を採用しています。

セントラル空調(中央管理空調空調 又は 中央式空調)方式

セントラル空調(中央管理空調空調 又は 中央式空調)方式は、大型のオフィスビルなどで使われており、中央管理室等で一元的に制御されているタイプです。

熱源は一箇所(地下や屋上の機械室など)にまとまっており、1フロアが1,000㎡(約300坪)を超えるような大型ビルでは、ほとんどがセントラル空調方式が採用されています。

元々セントラル空調方式しか設置されていなかったビルに後から個別空調を設置するなどして、セントラル空調・個別空調方式が併用されているケースもあります。

ビルメンが管理する空調設備の種類

空調機の種類はたくさんありますが、メインとなるのは下記の3種類です。

  • パッケージ型エアコン(通称:PAC)
  • エアハンドリングユニット(通称:HAU)
  • ファンコイルユニット(通称:FCU)

これらは様々な役割を持つ複数の機器によって構成されています。

冷房や暖房の熱を作ったり、あるいは捨てたりする熱源設備と合わせて空調システムを構成します。

熱源設備については

で解説していますので、興味がありましたらご確認いただけると嬉しいです。

熱源設備の種類や概要まとめ!現役ビルメンが解説します!ビルなどの大型施設でビルメンが管理する熱源設備と必要な資格はご存知でしょうか?この記事では、大型施設に設置される熱源設備の概要を書いてます。この記事を読んで、熱源設備の基礎を覚えましょう。...

ビルメンに必要な空調資格

空調の資格でビルメンが取得すべき資格は・・・
正直ないかと思いますw

あえて挙げるなら冷凍空調技士くらいです。

勉強の為に取得するのはありだと思います。

空調系に関係してくる資格として取得したほうが良い資格としては

くらいです。

空調機を動かすためには電気が必要なため、電気の知識が必要になります。

電気の基礎知識を学ぶなら『電気工事士』は必須の資格となります。

電気工事士については

で解説させていただきましたので、お時間あるときにでもご確認いただけると嬉しいです。

電気工事士を取得しよう!勉強方法とおすすめ参考書│実技試験練習であまり知られてない情報も教えます電気工事士の資格勉強や参考書選びに悩んでいませんか?この記事では、電気工事士取得に関する勉強方法やおすすめ参考書の紹介、電気工事士の概要について解説しています。電気工事士は、勉強方法と参考書選びさえ間違えなければ、合格は簡単にできます。...

 

空調機と熱交換をするために、熱源設備が必要になります。

ボイラーで作った熱を空調機へ運搬し、熱交換して部屋を暖めるなどで、ボイラー知識が必要になるケースもあります。

ボイラーについては『ボイラー技士』という資格があります。

ボイラー技士については

で解説させていただきましたので、お時間あるときにでもご確認いただけたら嬉しいです。

ボイラー技士を取得しよう!勉強方法とおすすめ参考書ボイラー技士の勉強方法と参考書で迷っていませんか?この記事ではボイラー技士免許取得を目指す方のために、合格するためのノウハウを記載しています。やり方は簡単です。効率よく勉強して、合格を目指しましょう。...

 

また、冷凍機で作った熱を空調機へ運搬し、熱交換して部屋を冷却するなどで、冷凍機機械の知識が必要になるケースもあります。

冷凍機械の取扱いには『冷凍機械責任者』という資格が必要となります。

現在は認定設備と言って資格が必要ない冷凍機がほとんどです。

しかし、設備の知識や冷凍に関する基礎知識を学ぶにはとても為になります。

冷凍機械責任者に関しては

で解説させていただきましたので、お時間あるときにでもご確認いただけると嬉しいです。

第三種冷凍機械責任者を取得しよう!勉強方法とおすすめ参考書第三種冷凍機械責任者の勉強方法と参考書選びで迷われていませんか?この記事では、第三種冷凍機械責任者合格のためのノウハウを記載しています。正しい勉強方法と参考書を使用すれば合格は簡単にできます。...
第一種冷凍機械責任者を取得しよう!勉強方法とおすすめ参考書第1種冷凍機械責任者の勉強にお困りですか?この記事では、高圧ガス保安責任者(冷凍)の管理人が、第1種冷凍機械責任者の勉強方法やおすすめの参考書について詳しく解説しています。効率よく勉強して第1種冷凍機械責任者を取得しましょう。...

まとめ

この記事では

  • 建物設備の空調方式について
  • ビルメンが管理する空調設備の種類
  • ビルメンに必要な空調資格

について解説させていただきました。

空調設備は内容が幅広く、覚えることもたくさんあります。

異動等で別物件に行く際、見たことのない空調機があったりして焦ることも多々あったりします。

日々進化する設備に順応できるよう、基礎から覚えていきましょう。

 

では、ぶちキリンでした。

Twitter: @buchikirin1もやってますので、ぜひフォローの方よろしくお願いします。

ABOUT ME
ぶちキリン
設備管理員で普通のサラリーマンやりながら毎日平凡に過ごしてます。 趣味はダイビングでカメラマンやったり旅行したりしてます。 ビルメンの仕事や資格取得、趣味のスキューバーダイビングについて情報を発信しています。